• 完全無料の健美家の売却査定で、できるだけ速く・高く売却

×

  • 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集

基準地価発表。全体では-0.4%下げ幅縮小。下落率ワースト1位は大阪・道頓堀、新宿歌舞伎町も大幅下落。 コロナで商業地は悪化、住宅地は改善

調査(不動産投資)/基準地価・公示地価・路線価 ニュース

2021/09/21 配信

商業地で基準地価の下落率ワースト1だった大阪・道頓堀周辺
商業地で基準地価の下落率ワースト1だった大阪・道頓堀周辺


東京、名古屋は改善も大阪は9年ぶりマイナスに

地方圏は0.6%下落ながらもマイナス幅改善

国土交通省が21日、7月1日時点の都道府県地価(基準地価)を発表した。それによると、全用途の全国平均は前年比マイナス0.4%と、2年連続で下落した。ただ、下落幅は0.2ポイント小さくなった。このうち商業地は、新型コロナウイルス禍の長期化で人流の抑制やインバウンド(訪日外国人客)の消滅があり下落幅を拡大。一方、住宅地は改善をみせた。

新型コロナワクチンの接種が広がり、感染「第5波」は峠を越えたとの見方があるものの、まだ収束にいたりそうにない。インバウンドの消滅や外出自粛、消費活動の低迷が引き続いて地価や不動産市況に影響を及ぼすのは間違いなく、不動産投資家も注意してみていきたい。

基準地価表

今回の基準地価での最高価格は東京都中央区の「明治屋銀座ビル」で、1平方メートルあたり3950万円だった。最高価格となるのは16年連続だが、昨年からは3.7%(150万円)下落した。

東京圏、大阪圏、名古屋圏の3大都市圏をみると、昨年は横ばいだったが、今年は0.1%上昇に改善。東京

...

この記事は会員限定です。
会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

健美家会員のメリット

  1. 会員限定物件や非公開物件情報が見れる
  2. 最新のコラムニュース情報がメールで受け取れる

※ 記事の内容は執筆時点での情報を基にしています。投資等のご判断は各個人の責任でお願いします。

アクセスランキング

  • 今日
  • 週間
  • 月間

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

ページの
トップへ