• 完全無料の健美家の売却査定で、できるだけ速く・高く売却

×

  • 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集

国土交通省「公示地価」発表、全国全用途平均が2年ぶり上昇に転じる

調査(不動産投資)/基準地価・公示地価・路線価 ニュース

2022/03/22 配信

山野楽器 グランフロント大阪 ミッドランドスクエア 北広島 地下鉄七隈線
全国最高価格は、16年連続で東京・銀座4丁目の「山野楽器銀座本店」だった

国土交通省が3月22日に発表した今年1月1日時点の公示地価は、全国全用途平均が0.6%、住宅地が0.5%、商業地が0.4%といずれも2年ぶりに上昇に転じた。

三大都市圏を見ても東京圏・大阪圏・名古屋圏のいずれの圏域も2年ぶりに上昇に転じた。地方圏も同様に2年ぶりの上昇となり、地方四市(札幌・仙台・広島・福岡)は上昇を継続し、その上昇率がいっそう拡大した。

全国的に新型コロナウイルス感染症の影響が徐々に緩和される中で回復傾向が見られる。調査地点数は前年と同じ、全国2万6000地点だった。

商業地下落幅が縮小に。
全国最高価は16年連続で東京・銀座

全国の最高価格は東京・銀座4丁目の「山野楽器銀座本店」で1u当たり5300万円(1.1%下落/前年7.1%下落)となり、16年連続で1位となった。

大阪圏の最高価格は2年連続で大阪市北区の「グランフロント大阪南館前」(2210万円、3.5%下落/前年8.4%下落)だった。

名古屋圏の最高価格は、15年連続で名古屋市中区の「ミッドランドスクエア」(1850万円、1.6%上昇/前年1.6%下落)となった。

これら商業地では、新型コロナウイルス感染症の影響により、訪日客が回復していないエリアや飲食店が集積する地域で下落が続いていたり、東京都心オフィス需要の弱い動きを受けて下落している地点もある。

ただ、国土交通省では、景況感の改善を受けて店舗需要が高まり上昇に転じた点が多く見られ、駅徒歩圏の繁華性のある立地や、地方圏の路線商業地など日用品を取り扱う店舗需要を対象とする地域でも上昇地点が増加しているという。駅周辺に住宅地が形成されているところが商業地価の上昇を引っ張っているとの見方もある。

入稿データ公示地価

住宅地は上昇範囲が
都心から拡大傾向

住宅地価を見ると、「東京都港区赤坂1丁目」は1u当たり500万円(3.3%上昇)となり、5年連続で全国1位となった。

大阪圏の最高価格は6年連続で「大阪市福島区福島3丁目」の108万円(2.9%上昇)だった。

名古屋圏は、おう盛なマンション需要が大きく反映され、「名古屋市中区栄2丁目」の157万円(12.1%上昇)で4年連続でトップとなった。

全国的に景況感の改善を背景に、低金利継続や住宅取得支援策などの下支え効果で住宅需要が回復して地価を押し上げた。都市中心部の希少性が高い住宅地や交通利便性などが優れた住宅地の上昇が継続しているとともに、その周辺部にも上昇範囲が拡大しているのが特徴としている。

東京圏では、その拡大範囲がJR中央線沿線の武蔵野市のほか、埼玉・浦和駅に近い戸建て住宅エリアなどに広がっているという。

上昇率TOP10は「北海道」と
「福岡」が独占

コロナ禍での特徴が依然として大きく反映されている。地価変動率の全国トップ10を見ると、住宅地では上位10地点すべて北海道がランクインしており、全国1位は北広島市で26.0%上昇した。北広島市が7地点を占めている。

商業地の変動率でも北広島市は1位(19.6%上昇)と2位(18.3%上昇)に加えて、4位(16.2%上昇)にも顔を出して3地点でランクインしている。

これに続く地価上昇が顕著なエリアとして、福岡県が7地点を占めて存在感を出している。3位の福岡市博多区は「博多祇園ブラザビル」(18.0%上昇)がランクインし、1u当たり210万円と商業地全国上昇率3位となった。

こうした地域が上昇率を上げている背景として、北海道は人口が集中する札幌市の周辺で割安感の強い居住ニーズが地価の上昇継続の原動力となり、福岡市は新駅開業予定に対する期待を反映している。

2023年3月の地下鉄七隈線の延伸により設置する「櫛田神社前駅」周辺の利便性向上と天神・博多エリアに近いことでオフィス需要が堅調で地価の継続上昇につながっている。

また、今後の焦点としては、コロナ禍で訪日客需要が消滅したことで地価が大きく落ち込んでいる地点の回復軌道に移っている。

商業地の下落率で全国ワースト3は大阪市内が占めており、ワースト10に8地点が入っている。

道頓堀1丁目が15.5%下落と全国で最も下げ幅が大きかった。その地価は1u当たり490万円だった。2位は日本橋で14.7%下落(1u99万円)、3位が宗右衛門町で10.9%下落(1u1880万円)となった。

いずれも前年の下落幅から大幅に縮小しており、コロナ感染の水際対策として導入されている外国人の来日制限の緩和などに期待がかかっている。

健美家編集部(協力:若松信利(わかまつのぶとし))

■ 主な経歴

大学卒業後に不動産関係の広告制作会社に約10年勤務。現在は都内のIT会社に勤める40代サラリーマン。学生時代から不動産に興味を持ち個人的に不動産関連の記事を執筆。

※ 記事の内容は執筆時点での情報を基にしています。投資等のご判断は各個人の責任でお願いします。

アクセスランキング

  • 今日
  • 週間
  • 月間

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

最新の不動産投資ニュース

ページの
トップへ