• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

【賃貸住宅市況】山手線内側が好調、市況良く上昇トレンド

調査(不動産投資)/賃貸市場 ニュース

2017/08/10 配信

不動産評価Webサイト「TAS-MAP」を運営する株式会社タス(所在地:東京都中央区、代表取締役社長:尾暮 敏範 以下、同社)が、「賃貸住宅市場レポート 首都圏版・関西圏・中京圏・福岡県版 2017年7月」を発表。その結果を見ると、東京23区の内でも、山手線の内側と外側で状況が分かれていることがわかる。その要因や今後の見通しについて、同社の担当者に話を聞いてみた。
スクリーンショット 2017-08-08 16.32.28

  • 東京市部や周辺の県では、賃貸市況は上昇トレンド

「2017年第1四半期 1都3県賃貸住宅市況図」については、前回調査(2016年第4四半期期)と比較すると、市況については、墨田区が「やや良い」→「悪い」、豊島区が「良い」→「やや良い」と悪化したものの、千代田区や文京区、北区についてはそれぞれ好転。そのほかのエリアは変化なしという結果となった。

また、トレンドが上昇を示す地域は14から15地域と、前回調査からほぼ横ばいながら、下降を示す地域は9 から6地域へと減少。「年度末で賃貸物件が大きく動く時期だが、東京市部や周辺の県ではトレンドが上昇を示しており、好転の兆しがみられる」としている。

  • 市況が「良い」「やや良い」は山手線内側のエリア
...

この記事は会員限定です。
会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

健美家会員のメリット

  1. 会員限定物件や非公開物件情報が見れる
  2. 最新のコラムニュース情報がメールで受け取れる

アクセスランキング

  • 今日
  • 週間
  • 月間

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

最新の不動産投資ニュース

ページの
トップへ