• 完全無料の健美家の売却査定で、できるだけ速く・高く売却

×

  • 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集

古くても賃料が下がらないのはどこ?新宿区、港区でも築古物件は賃料下落大?

調査(不動産投資)/賃貸市場 ニュース

2018/06/11 配信

ニッセイ基礎研究所が「築年数が経過しても賃料が下がりにくい地域はどこか?~マンション賃料形成要因の地域別分析」と題した調査結果を公表している。

築年数が経てば賃料が下がるというのは多くの人に共通した認識だが、地域によって下がり方が違う。金融研究部 准主任研究員・総合政策研究部兼任の吉田資氏がまとめたのはその地域差である。結果を見ていこう。

■古くなっても賃料が落ちにくいのは目黒区、杉並区、世田谷区

築年数による賃料の下がり方。赤が大きく下がる、青があまり下がらない地域
築年数による賃料の下がり方。赤が大きく下がる、青があまり下がらない地域

築年数が1年古くなった場合の賃料下落率が小さいのは古くから住宅地として人気が高い目黒区、杉並区、世田谷区の3区。逆に下落率が大きかったのは江戸川区、北区、板橋区、新宿区、港区である。

駅から遠くても賃料が落ちないのは中野区、板橋区、練馬区

駅からの距離による賃料の下がり方
駅からの距離による賃料の下がり方

最寄り駅までの徒歩での所要時間が1分増加した場合の賃料下落率が小さいのは中野区、板橋区、練馬区。逆に大きい、つまり駅から遠いと不利なのは葛飾区、荒川区、墨田区、台東区、江東区である。

■都心までの遠くても賃料が下がらないのは港区

都心からの距離による賃料の変化
都心からの距離による賃料の変化

これは当

...

この記事は会員限定です。
会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

健美家会員のメリット

  1. 会員限定物件や非公開物件情報が見れる
  2. 最新のコラムニュース情報がメールで受け取れる

※ 記事の内容は執筆時点での情報を基にしています。投資等のご判断は各個人の責任でお願いします。

アクセスランキング

  • 今日
  • 週間
  • 月間

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

ページの
トップへ