• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

不動産会社訪問数、見学物件数減少に加え、契約も長期化?!

調査(不動産投資)/賃貸市場 ニュース

2018/12/03 配信

部屋探しに関する消費者の行動が年々、シビアになってきている。リクルート住まいカンパニーが発表した「2017年度 賃貸契約者動向調査(首都圏)」の結果によると、不動産会社への訪問数は平均で1.6店舗、見学物件数は平均で2.9件。

不動産会社訪問数の推移、明らかに年々減少している
不動産会社訪問数の推移、明らかに年々減少している

しかも、ひとり暮らし層ではさらに訪問者数は少なくなり、平均で1.4店舗。全体平均の1.6軒は昨年同様だが、ひとり暮らし層だけが減り、これは過去最少。

こちらは見学した物件数。多数見て決めるというやり方は流行らなくなっている
こちらは見学した物件数。多数見て決めるというやり方は流行らなくなっている

この傾向は見学物件数でも同じ。前年度の平均3.1件から減っているだけでなく、ひとり暮らしでは2.7件とこちらも過去最少。2人なると多少増えて3.3件だが、昨年は3.6件。ファミリーは2.8件で、前年は3.0件。

不動産会社訪問前に会社、物件を絞りに絞り、これと思う会社しか訪れず、確実に思える物件しか見ない。非常に堅実な態度で部屋探しをする人が増えているのである。

その一方で不動産会社への問合せから契約までの期間は長期化している。それを裏付けるのは不動産情報サイト事業者連絡協議会(RSC)が発表した「不動産

...

この記事は会員限定です。
会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

健美家会員のメリット

  1. 会員限定物件や非公開物件情報が見れる
  2. 最新のコラムニュース情報がメールで受け取れる

アクセスランキング

  • 今日
  • 週間
  • 月間

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

最新の不動産投資ニュース

ページの
トップへ