• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

1,605アクセス

賃貸仲介業界の景況感、まだら模様も底堅い!埼玉県内が過去最高値!近畿圏も最高値更新!!

調査/賃貸市場 ニュース

賃貸イメージ

賃貸仲介マーケットはまだら模様であるものの、全体としては底堅い。首都圏と近畿圏の地場不動産仲介業における景況感調査からそんな様子がうかがえる。

先月、アットホームが地場の不動産仲介事業者の景況感を調査、賃貸仲介の「業況DI(4〜6月期)」として指数化したところ、首都圏のDIは47.5となり、前期(1〜3月期)との比較では2.1ポイント下げたものの、4〜6月期としては調査開始以来の最高値を記録した。

長期的なトレンドとしても上昇基調が続いている。前年同期比でも0.2ポイントとわずかであるが上昇している。

景況感@-1

特に埼玉県の指数が50と調査開始以来の最高値を更新した。前期比で1.0ポイントとわずかな上昇であるが、前年同期比では5.1ポイントと大幅に上昇している。埼玉県は、上昇と下落を繰り返しながらも2015年から上昇トレンドが続いている。千葉県も47.2と2期連続で上昇した。

市場の動向等について、さいたま市の地場事業者からは、「高齢者や外国人研修生の問い合わせが増えている」、千葉県印旛郡の事業者は「登録している市町村の空き家バンクからの賃貸契約が増加している」といった声が寄せられている。

一方で、東京23区(49.4)、都下(38.8)、神奈川県(46.7)のDIは、いずれも前期から低下している。東京都大田区の事業者は、「5月の大型連休から6月と縮小が続いている感じ」、横浜市の事業者は「前年と同じ賃料で募集をかけても反応が悪く、賃料が値下がりしているように思える」、東京都調布の事業者は、「候補駅を限定せず広い条件で探している人が多く見受けられた」といった声を寄せている。

アットホームでは、総務省の住民基本台帳人口移動報告をもとに、2017年と2018年における東京23区の純転入数から、人口移動と不動産需要の関係について分析している。それによると、東京23区への人口集中が顕著である一方、東京23区からの転出超の地域は、景況感調査対象外の全道府県を含めても埼玉県のみとなっており、5000人を超える転出超となっている。このことも、埼玉県の賃貸業況の長期的な上昇基調につながっているとしている。また、千葉県と都下は転入数と転出数が拮抗している。

また、首都圏4エリア(埼玉県・千葉県・都下・神奈川県)からの東京23区への純転入数を年代別に見ると、4エリアとも20代が大幅な転入超となり、その他の年代はいずれも東京23区からの転出超となっている。特に0〜14歳や30代、60代以上の転出超過数が大きい。30代は子ども部屋を確保できる広さがあり、賃料・地価が安いエリアに移り住む様子が窺えるとしている。そうしたエリアでは、景況感調査に応じた不動産会社から、「ファミリー層の成約が多く、戸建ての貸家が多く決まった」(さいたま市)などの声が寄せられている。

景況感A

近畿圏においても、DIは48.7と前期比1.1ポイント上昇、前年同期比でも2.0ポイントの上昇となり、こちらも調査開始以来の最高値を更新した。エリア別で見ると、大阪府(49.5)と京都府(53.1)がともに前期比で上昇し、特に京都府では10ポイント上昇。兵庫県(45.5)は前期比5.6ポイントと大幅低下も、前年同期比で4.5ポイント上昇している。

京都府舞鶴市の事業者は、「照明や洗濯機、冷蔵庫などの設備を付けたら決まりやすい」、大阪市の事業者からは「ポータルサイトで物件を決め打ちする客と初期費用が少ない顧客が多い」といった声が上がっている。兵庫県西宮市の事業者からは、「希望賃料と入居したい物件条件の乖離が大きい」との声も寄せられている。

大阪府への純転入数を、首都圏と同様に算出したところ、2017年と2018年の両年とも東京23区への大幅な転出超過となっている。ただし大阪府は、東京圏に対して転出超となったが、近畿圏より以西ではいずれのエリアからも転入超となっており、特に京都府と兵庫県から多く流入している。

兵庫県からは10代後半と20代のみが転入超で、ファミリー層と見られる0〜14歳と30代は大阪府から兵庫県への転出超となっている。また、東京23区の傾向と違い、30代以上の年齢層でも近畿圏中心の大阪へ移動している人が多いのが特徴だ。

首都圏・近畿圏以外のエリアの市場動向等について、事業者からは「ホテルに働く従業員が増えてワンルームや1LDKの希望が増えた」(静岡県伊東市)であったり、「単身者が増えている」(名古屋市)、「外国人研修生の入国に合わせた時期の空室確認、契約予約を今まで以上に多くの企業からもらっている。受け入れ可能な物件があまりなく、対応を検討しなければならない状況となった」(福岡県宮若市)などの声が寄せられている。

健美家編集部

健美家サイト会員登録で最新コラムやニュースをチェック!

健美家不動産投資ニュース

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

ページの
トップへ