• 完全無料の健美家の売却査定で、できるだけ速く・高く売却

×

  • 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集

受託管理、サブリースの契約・トラブルの事態が明らかに 〜賃貸住宅管理に関する国土交通省調査

調査(不動産投資)/賃貸市場 ニュース

2020/01/10 配信

国土交通省は昨年12月、賃貸住宅管理業務に関する調査結果を公表した。賃貸住宅管理業者・家主・入居者それぞれに対してアンケートを行ったもので、家主(賃貸住宅の所有者)から委託を受けて賃貸住宅の管理を行う「受託管理」や、家主から賃貸住宅を借り上げて入居者に転貸する「サブリース」における実態の把握が目的。

管理業務を業者に委託したり、管理の煩雑さもあってサブリース契約を結んだりする家主が多いなか、賃貸住宅管理業者との管理業務の契約状況やトラブルの実態が明らかになった。

●管理業務の煩雑さやトラブル回避のために、受託管理やサブリースを選択する家主が多い

家主に対する調査を見てみると、所有しているサブリース以外の賃貸住宅の管理方法については、「業者に任せず、全て自ら管理している」と答えたのは全体のわずか 2 割程度。

「入居者募集から契約などの管理業務の全て又は一部を業者に委託している」割合が大多数の 8 割程度となっている。

所有する賃貸住宅の入居者募集や契約、入居中の管理方法(同調査より)
所有する賃貸住宅の入居者募集や契約、入居中の管理方法(同調査より)

管理業務を委託している理由としては、「契約更新・終了時のトラブルをなくしたいから」、「自分自身の賃貸契約および管理

...

この記事は会員限定です。
会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

健美家会員のメリット

  1. 会員限定物件や非公開物件情報が見れる
  2. 最新のコラムニュース情報がメールで受け取れる

※ 記事の内容は執筆時点での情報を基にしています。投資等のご判断は各個人の責任でお願いします。

アクセスランキング

  • 今日
  • 週間
  • 月間

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

最新の不動産投資ニュース

ページの
トップへ