• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

4,258アクセス

不動産は「今が売り時」75%超え、買い時感の減退続く。野村不アーバン調べ

調査/都市・マーケット ニュース

2017/08/15 配信

「不動産は買い時だ」と考える人が減り続けている。野村不動産アーバンネットが8月9日に発表した「住宅購入に関する意識調査(第13回)」で明らかとなった。

同社が運営する情報サイト「ノムコム」の会員を対象に毎年1月と7月に調査しているもので有効回答数は1416人。今年7月時点を見ると、「買い時だと思う」(10.7%)と「どちらかと言えば買い時だと思う」(30.4%)を合わせて41.1%だった。野村不アーバンU 1過去5年を振り返ると、買い時感は2020年東京オリンピック・パラリンピックが決まる直前の2013年7月に63.3%、オリンピック開催決定後の2014年1月調査でも62.4%が買い時だと思う人が6割を超えていた。

ただ、2016年7月に買いどき感が48.1%と5割に迫っているが、これは同年2月に日銀のマイナス金利導入を反映したためと考えられ、それ以降は再び買い意欲が上昇する気配は見られない。

買い時だと思う理由については、「住宅ローンの金利が低水準」(70.7%)、「消費税の引き上げが予定されている」(43.0%)が主なものだった。

住宅ローン金利の見通しについては、「金利は上がっていくと思う」が32.6%と前

...

この記事は会員限定です。ユーザ会員登録すると続きをお読みいただけます。

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

ページの
トップへ