• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

2,377アクセス

総合的に強い都市はどこだ?日本の主要都市の強みと弱みを分析、森記念財団都市戦略研究所が発表

調査/都市・マーケット ニュース

日本及び世界の都市について研究をしている森記念財団の都市戦略研究所が「日本の都市特性評価(JPC)2019」を発表した。これは日本の主要都市を同じ指標で相対的、多角的に分析し、その土地の特徴や強み、魅力などの特性を明らかにしたというもの。

対象となっているのは国内の主要72都市と東京23区。

主要72都市は
・各都道府県で人口規模が第1〜3位までの都市をピックアップ
・そのうちから政令指定都市、県庁所在地を抽出、
・それに加えて、人口が20万人以上かつ一定昼夜間人口比率(3大都市圏では1.0以上、それ以外は0.9以上)の基準を満たす
という条件で選ばれている。

対象となった都市はこちら
対象となった都市はこちら

都市を分析する要素としては、まず、経済・ビジネス、研究・開発、文化・交流、生活・居住、環境、交通・アクセスの6分野を設定。各分野ごとに2〜7、合計26の指標を設け、さらにそれを構成する83指標で分析するというもので、結果をレーダーチャートで見ると各都市の強み、特徴などが分かる。

分析のために使われたのはくした指標
分析のために使われたのはくした指標

また、各スコアを積み上げることで分野別、指標グループ別にどの都市に強みがあるのかが分かる。さらにすべての分野でトータルで見た場合のランキングも作られており、概要版では上位10都市が解説されている。

レーダーチャートで見ると強いところ、弱いところが一目瞭然
レーダーチャートで見ると強いところ、弱いところが一目瞭然

どんな都市が上位に来ているか、気になるところだが、率直なところ、多くの人が予想する通りである。1位は文化・交流、研究・開発がトップと特定分野で抜きんでた強みのある京都市。経済・ビジネスや交通・アクセスも9位と上位にある。ただし、環境面が残念なところで、指標グループで見ると財政、居住環境などに難がある。

ただ、財政状況に難があるのは京都市に限らない。2位の福岡市、4位の横浜市も財政の面では問題があるようで、そこが大きく凹んでいる。同様に環境面は10位の松本市を除けばどこも、まあ、それなり。都市、特に大都市に環境を求める時点でやや無理があるのかもしれない。

2位の福岡市は環境を除けば経済・ビジネス、交通・アクセスが3位、文化・交流が5位とバランスが良いのが特徴。優等生な感じである。それに比べると3位の大阪市は経済・ビジネスと交通・アクセスが1位、文化・交流が2位とトップクラスの分野がある一方で環境、生活・居住は全体でも最下位に近いという良しあしがはっきりしているところに特徴がある。個性の強い都市というわけで、福岡市と大阪市を見るだけでも、この調査の意味、意義が分かると思う。

4位以下は横浜市、名古屋市、神戸市、仙台市、札幌市、金沢市と多くの人が納得しそうな大都市が並ぶが、10位の松本市はちょっと意外に思う人もいるかもしれない。分野でみると環境が1位、生活・居住が2位となっており、住みやすいまちであることが分かる。その一方で交通・アクセスは67位とかなり低くなっている。

概要版では解説はないものの、ランキングで30位までが紹介されており、そのうちには松本市同様、このまちが!と思うような都市も入っている。逆に首都圏に近いのに入っていない都市もあり、そのあたり、強み、弱みを考えながらチェックしてみると都市の見方が変わるかもしれない。

23区の例。分野ごとにばらつきがある都市、バランスの良い都市など隣り合っていても個性が異なるのが面白い
23区の例。分野ごとにばらつきがある都市、バランスの良い都市など隣り合っていても個性が異なるのが面白い

同様に23区についても予想通り、上位に挙がって来るのは都心3区や新宿区、渋谷区など都心に近い区が中心。だが、研究・開発では文京区、環境では江東区が1位になっているなど、幅広い指標で分析すると区ごとに個性の違いが出ることが分かる。同一指標だけで見ていると見落としがちという言い方もできよう。都市を見る際には広い視野で比べることが大事というわけだ。

健美家編集部(協力:中川寛子)

健美家サイト会員登録で最新コラムやニュースをチェック!

健美家不動産投資ニュース

最新の不動産投資ニュース

ページの
トップへ