• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

1,427アクセス

ホテル開発ラッシュ続く! 東京23区内での供給棟数 連続1位は台東区

調査/都市・マーケット ニュース

日本を訪れる外国人観光客数は、年増加を続けている。2018年の調査ではその数3,119 万人。東京オリンピックを控え、政府も来年の訪日観光客数4,000万人を目標に掲げており、国を挙げての対策が行われているところだ。この動きを受けて、東京都をはじめとする日本各地で、ホテル等の宿泊施設の建設・開業ラッシュが続いている。東京23区内の近年の動向と、2020年の供給予測を見てみよう。

2018・2019年 東京23区ホテル供給比較(出典:マーキュリー)
2018・2019年 東京23区ホテル供給比較(出典:マーキュリー)

●供給棟数では台東区が2年連続の1位。
小規模開発が中心

不動産業界向け情報サービスを展開するマーキュリーが発表した、東京23区内のホテル等宿泊施設の供給動向の集計によると、東京23区内全体で2019年に竣工を予定している総物件数は175物件。

昨年2018年の147物件に対し、28物件の増加となっており、新宿区や中央区のように大きく棟数を伸ばしている区もある。

そんななかで、2018年と2019年ともに供給棟数1位となったのが台東区だ。2018年と2019年の比較では7棟減ってはいるものの、30棟超えは台東区のみ。しかも2年連続となると、やはり群を抜いている。

一方で、合計延床面積は43,693u。これは23区内で5番目の広さで、単純計算では1棟当たり平均1,400u強ということになる。合計延床面積第1位・港区の平均が23,000uを超えていることと比べると、開発規模はあまり大きくはない。小規模ホテルが多い傾向だ。

台東区と言えば、観光地として人気の高い浅草を中心に、上野や谷中を擁し、毎年、国内外から多くの観光客が訪れる。その数は年々増加しており、台東区の観光統計・マーケティング調査によると、2018年度は5,583万人を突破。今後もこの動きは続くと思われる。

●合計延床面積が最も広かったのは、2年連続で港区。
大規模開発が牽引

合計延床面積が最も広かった港区は、2018年2019年と、こちらも2年連続の1位に。そのなかでも、2018年が193,558uなのに対して、2019年は492,501uと、開発面積が大きく伸びていることにも注目したい。
延床面積が一気に増えた背景には、大きなプロジェクトの存在が挙げられる。港区虎ノ門4丁目で開発中の国家戦略特別区域特定事業『東京ワールドゲート』の210,040uと、港区虎ノ門2丁目で行われている「ホテルオークラ東京本館建替計画」の182,900uの2物件だ。
港区の場合は、昨年の数字で見ても、1棟当たりの平均は12,000u超。比較的規模の大きな開発が特徴と言えそうだ。

●2020年も、棟数で台東区、
合計延床面積では港区が首位キープの見込み

次に、2020年に竣工を迎える予定の物件についてみてみよう。
物件数が一番多かったのは台東区で31棟。2018年から3年連続のトップとなり、棟数は31棟とやはり30棟越えとなっている。小規模開発が多い傾向もそのままだ。

合計延べ床面積が最も広くなりそうなのも、3年連続となる港区。JR東日本が手掛ける港区海岸1丁目の竹芝ウォーターフロント開発計画「WATERS takeshiba」(ウォーターズ竹芝)が、108,500uという広さで数字を牽引している形だ。

2020年 東京23区ホテル供給動向(出典:マーキュリー)
2020年 東京23区ホテル供給動向(出典:マーキュリー)

●合計敷地面積がトップとなった大田区。
羽田の大規模プロジェクトに注目

2020年の供給動向で注目に値するのは、合計敷地面積で1位となった大田区だ。開発棟数は9棟と少ないながら、合計敷地面積は10,622,742uと飛びぬけている。

これは大田区羽田空港2丁目で開発が進んでいる、羽田空港跡地第2ゾーン計画によるところが大きい。このプロジェクトは羽田空港の24時間国際拠点空港化に伴い、必要となる多様な宿泊施設の他、国際交流機能や都市観光に資する機能を整備するもので、日本最大級のエアポートホテルと、商業施設や温浴施設の建設が進められている。

これらは来年、2020年の東京オリンピック開幕にあわせて開業する計画となっており、日本の玄関口である羽田空港がどのように変わるのか、国内外からの注目を集めている。このプロジェクトだけで10,543,460uと、大田区全体の実に約99%を占める計算だ。

外国人観光客数が飛躍的に増えるなかでの需要拡大や、来年に迫る東京オリンピック開催に向けて、開業ラッシュが続くホテル業界。需要拡大に対応するさまざまな規模のホテル・宿泊施設の開業はもちろん、商業施設など併せて計画される複合施設型の開発も目立つ。

オリンピック以降の外国人観光客数の動向も含め、今後も動向に注目していきたい分野だ。

健美家編集部

健美家サイト会員登録で最新コラムやニュースをチェック!

健美家不動産投資ニュース

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

最新の不動産投資ニュース

ページの
トップへ