• 完全無料の健美家の売却査定で、できるだけ速く・高く売却

×

  • 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集

各種調査で浮き彫りに。不動産取引に身構える消費者

調査(不動産投資)/都市・マーケット ニュース

2020/05/05 配信

景況感@
▲出所:アットホーム(他のグラフも)

新型コロナウイルス拡大に伴う休業要請・外出自粛は持久戦に突入した。日本経済に与える悪影響はなお出口が見えず、不動産マーケットにその波が急速に押し寄せている。景況感の悪化は、アットホームが4月下旬に発表した不動産仲介事業者の景況感調査からはコロナショックの影響が浮き彫りとなった。

同調査(1〜3月期)によれば、賃貸仲介の業況 DI は、首都圏で 43.6 と前期(19年10〜12月)よりも1.3 ポイント低下し、前年同期比では6.1ポイントと大幅に落ち込んだ。

近畿圏も同様で、業況DIは40.7 (前期比2.5ポイント低下)と3期連続の下落となり、前年同期比も6.9 ポイントと大幅低下した。1〜3 月期は、調査開始以来の最低値に沈んだ。

来期(4〜6月期)のDI予測としては、首都圏と近畿圏ともに今期DIより15ポイント以上と大幅に落ち込むとしている。首都圏が26.7、近畿圏が25.4の見通しだ。

同調査の対象は、首都圏・近畿圏のほかに北海道、宮城県、静岡県、愛知県、広島県、福岡県の計13都道府県で実施しており、調査対象14エリアのうち調査開始以来の最低値が6エ

...

この記事は会員限定です。
会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

健美家会員のメリット

  1. 会員限定物件や非公開物件情報が見れる
  2. 最新のコラムニュース情報がメールで受け取れる

※ 記事の内容は執筆時点での情報を基にしています。投資等のご判断は各個人の責任でお願いします。

アクセスランキング

  • 今日
  • 週間
  • 月間

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

最新の不動産投資ニュース

ページの
トップへ