• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

2,562アクセス

東京都23区中古マンションの売出数が前年同月比で大きくプラスに

調査(不動産投資)/都市・マーケット ニュース

2021/06/02 配信

日本で新型コロナウイルスが蔓延しだしてから、1年以上。東京都23区の中古マンション市場は、2020年1回目の緊急事態宣言の発出時に大きく価格を落としたが、2020年後半からは前年比を大きく上回る形で上昇基調にある。

価格が高騰している大きな要因となっているのは、供給数の減少。つまり売り出されている中古マンションの数が減少し、需給バランスが需要に傾いたことも価格高騰に大きく影響していると考えられる。

そこで、マンションリサーチ株式会社では、2020年から2021年にかけて、東京23区コロナ禍の中古マンション売り出し戸数の「前年比増減率」を、城東(千代田区も含む)・城西・城南・城北のエリアに分けて調査。2021年4月には、コロナ禍で初めて、中古マンションの供給数が前年比で大きくプラスとなった。同社による分析内容を見てみよう。

■城東エリア

まずは、中央区・墨田区・葛西区・台東区・江東区・江戸川区・千代田区の「城東」エリアから。
2020年、2021年ともに供給数は2019年に及ばないものの、売り出し戸数の「前年同月比増減率」で見てみると、2021年4月はコロナ禍で初めてプラスに。それも「+22.9%

...

この記事は会員限定です。
会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

健美家会員のメリット

  1. 会員限定物件や非公開物件情報が見れる
  2. 最新のコラムニュース情報がメールで受け取れる

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

最新の不動産投資ニュース

ページの
トップへ