• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

2,980アクセス

東京23区からの流出先は藤沢市、三鷹市、横浜市中区がトップ3

調査/人口 ニュース

2021/04/21 配信

タイトル、内容ともに話題になった記事
タイトル、内容ともに話題になった記事

東京新聞が2021年4月19日朝刊に掲載した「東京23区からの転出者が増えた市区町村トップ30」が話題を呼んでいる。これは昨年1年間の23区からの年間転出者数を同紙が独自に集計したもの。

通勤圏外では宇都宮市、軽井沢町など

記事には「東京脱出」加速という見出しが付けられているが、トップ30までを見るとその大半は東京圏。多少遠いのが9位の茨城県つくば市(409人)、21位の栃木県宇都宮市(237人)、22位の群馬県軽井沢町(232人)。それでも都心からは新幹線利用も含めて1時間圏というところ。それ以外はこれまでも通勤圏ではあったものの、23区内に比べれば多少遠いかもしれないと思われていた場所である。

藤沢市を筆頭に湘南人気も根強い

さて、その流出先だが、トップは神奈川県藤沢市で713人。湘南エリアでは藤沢市以外にも8位に鎌倉市(417人)、15位に茅ケ崎市(308人)が流出しており、人気が集まっていることが分かる。

23区外の西側エリアに多くの人が流出

だが、それ以上に集まっているのは首都圏西部の都下から川崎市、横浜市にかけて。23区を中心に東西という観点で見ると圧倒的に西側に人気が集まっているのだ。

まず、そのうちの都下ではトップが三鷹市で全体の2位(667人)。以下、小金井市(4位、555人)府中市(11位 385人)、立川市(12位、383人)、町田市(13位、346人)、武蔵野市(16位、300人)、清瀬市(20位、242人)、八王子市(26位、210人)となっており、23区よりは郊外ではあるものの、ダイレクトに都心にアクセスできるなど交通の利便性は高く、大型商業施設等もある場所がメインとなっている。

続いて川崎市では宮前区(5位、554人)、高津区(6位、430人)、多摩区(23位、231人)、麻生区(24位 231人)など。横浜市ではトップに中区(3位、630人)が来ており、港北区(10位、399人)、神奈川区(18位、262人)、青葉区(25位 211人)、都筑区(27位、204人)。

これに対して東側にあたる埼玉県、千葉県では流出数の多い自治体はそれほど多くはない。埼玉県では17位に川口市(263人)、29位にさいたま市岩槻区(193人)、新座市(30位、183人)が挙げられており、千葉県では船橋市(7位、419人)、八千代市(14位、318人)、柏市(19位、261人)、千葉市中央区(29位、198人)など。

家賃の安さだけが流出の要因だろうか?

この状況を同紙は「テレワークの普及や生活苦で家賃が安い郊外に移る人が増えたことが要因」と分析している。だが、それだけだろうか。

というのは、もし、生活苦であればなぜ比較的家賃の高い西側エリアへの流出が多いのかということである。23区に比べれば安価とはいえるだろうが、横浜市中区や武蔵野市のように横浜市内、都下では高めのエリアも上位に来ているのだ。

もちろん、その一方でこれまで人気度ランキングなどで上がってくることがなく、あまり認知度が高いとは言えなかった清瀬市や八千代市、岩槻区などが上がっていることを考えると、賃料も選択理由のひとつになっていることは推察できる。

流出には2つの流れ?

そう考えると、現在起こっている23区から首都圏近郊への人の流れには2つの要因があると考えられる。ひとつは今よりも広くて環境の良い、でも便利な場所に住み替えたいという前向きな要因から起きているもの。これが首都圏西側や湘南、軽井沢などの、認知度、人気が高く、便利な街への流れとなっていると思われる。

もう一つの要因は同紙がいうように先行きなどを考えて家賃を下げ、でも広い家に住みたいというもの。それが多少マイナーな、賃料の安いエリアに向かっている流れというわけである。

いずれの流れも確実に近郊には向かっている。ただ、これ以上遠隔に向かうかどうかはまだこれから。根本的なところで利便性、イメージの良さなどを重視して街を選んでいる人が多いように見えることからすると、地方に向かうところまで行くかどうか。今後の変化を見守りたい。

健美家編集部(協力:中川寛子)

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

ページの
トップへ