• 完全無料の健美家の売却査定で、できるだけ速く・高く売却

×

  • 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集

都区部では価格が高いという回答が70%到達。今後も上昇するという回答も60%〜マンション購入に対する意識調査の公表

調査(不動産投資)/物件価格・利回り ニュース

2022/05/22 配信

分譲マンション購入・売却検討者28万人を有する不動産のセカンドオピニオンサイト「住まいサーフィン」(運営:スタイルアクト株式会社)は、今回で57回目となるマンション購入検討者の定例意識調査を行った。

同調査は、自社Webサイト「住まいサーフィン」の登録会員28万人のうち、 直近3か月間に新築マンションの販売センターに行った経験がある人のみを対象とし、マンション購入に対するアンケートを実施。同社では購入検討者の心理を四半期単位で時系列比較している。(第1回は2008年4月、今回で57回目)

分析結果から、現在の価格が『高い』と回答している割合は東京23区検討者で70%に達し、現在の東京23区の販売価格が引き続き高い水準であることがわかった。しかしながら、1年後の価格変化が更に上がると回答した割合は60%を超え、今後も価格は下がらないという考えの検討者割合が高いことがわかった。

また、今は売り時だと思うかにはコロナ前を超え全体の60%以上が売り時と回答。しかしながら、前述の通り現在の購入価格は高いと感じている検討者が多く、売り時と感じていても次のマンションの購入がためらわれる状態が続きそうだ。

■調査概要

【調査対象】
自社Webインターネットサイト「住まいサーフィン」の登録会員28万人のうち、 直近3か月間に新築マンションの販売センターに行った経験がある人

【調査期間と回収サンプル数】
第51回20年10月02日〜8日(240件) 第52回21年01月08日〜13日(251件)
第53回21年04月09日〜14日(202件) 第54回21年07月07日〜13日(307件)
第55回21年10月08日〜13日(269件) 第56回22年01月07日〜11日(239件)
第57回22年04月08日〜11日(229件)

【調査地域】 全国
【調査方法】 自社Webサイト「住まいサーフィン

■調査結果詳細

図1:現在の価格

main

≪ポイント≫ 都区部では購入を諦める、ためらうほど高いという回答が70%に達した

図2:1年後の価格変化

sub1

≪ポイント≫1年後の価格も全体の65.9%がさらに上がると回答

図3:今は売り時だと思うか

sub2

≪ポイント≫ コロナ前の2020年1月調査を超え、全体の60%以上が売り時と回答
※売り時DI(diffusion index)の算出は、(今マンションは「売り時」回答割合+「やや売り時」回答割合)-(今マンションは「あまり売り時ではない」回答割合+「売り時ではない」回答割合)で算出

調査結果の詳細(住まいサーフィン)

健美家編集部

※ 記事の内容は執筆時点での情報を基にしています。投資等のご判断は各個人の責任でお願いします。

アクセスランキング

  • 今日
  • 週間
  • 月間

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

最新の不動産投資ニュース

ページの
トップへ