• 完全無料の健美家の売却査定で、できるだけ速く・高く売却

×

  • 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集

コロナで資産形成を意識し始めた人が多数。アクションを起こすタイミングは「長期休暇」と「ボーナス支給時」

調査(不動産投資)/その他 ニュース

2021/05/10 配信

資産形成

資産形成の目的は
老後資金の確保が最多

収益用都市型マンションの総合デベロッパーであるプロパティエージェントは、約1,000人の投資家に向けて、「資産形成を始めるタイミング」に関するアンケートを行った。

投資家が実際に資産形成を始めた目的を問う設問では、「老後資金の確保」が最多だった。

2番目に多かったのは「余裕資金の活用」であり、今手元で余っている資金を活用して、老後の生活に備えたいと考えている人も多いと予測される。

sub2
収入減少に備えたという回答もあり、お金に対する不安を持つ人が多いと予測される。

また、資産形成を考え始めたきっかけについては、「コロナによる経済不況の影響を受けたから」という回答が多い。

資産形成の目的として3番目に「収入減少時のリスクヘッジ」が入っていることからも、コロナの収束がなかなか見えない現状では、将来に対する不安を強めた人が多いと言えるだろう。

2020年には全国民を対象として一律10万円が給付されたものの、金額的にはあくまでも一時的な資金と言わざるを得ない。

「自分の身は自分で守る」という意識が強い人ほど、資産形成を具体的に検討し始めたと考えられる。

アクションを起こした時期は

...

この記事は会員限定です。
会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

健美家会員のメリット

  1. 会員限定物件や非公開物件情報が見れる
  2. 最新のコラムニュース情報がメールで受け取れる

※ 記事の内容は執筆時点での情報を基にしています。投資等のご判断は各個人の責任でお願いします。

アクセスランキング

  • 今日
  • 週間
  • 月間

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

ページの
トップへ