• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

740アクセス

オンライン内見の利用急増! 〜 アンケート調査ではオンライン内見の認知率も向上、過半数に

調査/その他 ニュース

2021/06/10 配信

ニフティライフスタイル株式会社は、グループ会社である株式会社Tryellが提供する不動産会社向けサービス「オンライン内見R 」の利用件数が、前年比2.2倍となり、9,000件(2021年1月〜3月累計)を突破したと発表した。

オンライン内見/IT重説利用件数
オンライン内見/IT重説利用件数(画像提供/tryell)

■「オンライン内見R」について

「オンライン内見R」は、PCやスマホからオンラインでお部屋の内見や相談/IT重説対応ができる、お部屋探しのオンライン活用支援システムだ。

利用者は、「オンライン内見R 」を導入している不動産会社の対応物件であれば、都合の良い日程にあわせて予約をするだけで、PCやスマホからお部屋の内見や相談をすることができる。

また、不動産会社は、内見の申し込みやスケジュール調整、お部屋のご案内、IT重説などの対応をオンラインで一括して行うことができ、業務をよりスピーディーかつスムーズに行うことができるという。

■概要

非対面でのお部屋探しとして需要が高い「オンライン内見R」の累積利用件数は、 2021年1月〜3月で9,360件、前年同期比では2.2倍となり、3月利用回数は過去最高記録を更新した。

また、不動産会社における「オンライン内見R」の導入店舗数は、533店舗(2021年3月末日時点)となり、2015年1月の提供開始以降、増加が続いているという。

その背景を調査するため、2021年1月に当社が実施したアンケートと同内容のアンケートを実施したところ、前回よりもオンライン内見の認知度や利用経験が伸びていることが分かる結果になった。

今後も、株式会社Tryellでは、オンライン内見の提供を拡大し、不動産会社とユーザーの双方がより便利になるような支援を実施していくという。

■アンケート調査概要

・調査テーマ:「オンライン内見」に関する消費者アンケート
・調査方法 :WEBアンケート調査
・調査媒体 :ニフティ不動産
・調査人数 :計238名
・調査実施日:2021年5月28日〜2021年5月30日
・調査主体 :ニフティライフスタイル株式会社

■アンケート結果

1.「不動産屋とオンラインで内見や家探しの相談、契約ができることを知っていましたか」という質問に対し、前回は46.0%の人が「知っている」と回答。今回は、51.3%の人が「知っている」と回答し、認知度は5.3pt上昇。

2. 「実際にオンラインでの内見、相談、契約を実施したことがありますか」という質問に対し、前回は10.0%の人が「実施したことがある」と回答。今回は、16.4%の人が「実施したことがある」と回答し、利用経験は6.4pt上昇。

アンケート結果
アンケート結果(画像提供/tryell)

前回(2021年1月)実施のアンケート結果

健美家編集部

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

最新の不動産投資ニュース

ページの
トップへ