• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

785アクセス

「オンオフの切り替えがしたい」「近隣の生活音が気になる」〜コロナ禍における住宅事情についての意識調査

調査/その他 ニュース

2021/06/13 配信

会員120万人の消費者参加型覆面調査・ミステリーショッパーサービス「ファンくる」を運営する株式会社ROIは、「ファンくる」会員を対象に定期的に消費者の意識調査を実施。今回は、コロナ禍における住宅事情についての意識調査(有効回答数1,691名)を2021年4月26日〜5月6日に実施した。


コロナ禍で気になる住宅課題

間取りと広さ、「音」に関する問題

意識調査の結果、テレワークが普及するコロナ禍において、住まいに「オンオフの切り替え」を求める人が多く、運動できるスペースが欲しい、部屋が狭い、仕事ができる部屋が欲しいなど、間取りと広さに多くの不満があることが分かった。

日中の在宅時間が増えたことでこれまで気にならなかった「近隣の音」が気になり、テレワーク時の「家族の生活音」がビデオ会議の音声に入ってしまうという問題も顕在化している。

コロナ禍において、自宅で不便に感じていることは何ですか?
コロナ禍において、自宅で不便に感じていることは何ですか?(ファンくる(株式会社ROI)調べ)

コロナ禍での引っ越し、検討した人まで含めると18%
一人当たりの部屋数が少ないほど意欲高

コロナ流行をきっかけに「引っ越しを考えた」もしくは「引っ越しをした」方は全体の18%。現在の1

...

この記事は会員限定です。
会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

健美家会員のメリット

  1. 会員限定物件や非公開物件情報が見れる
  2. 最新のコラムニュース情報がメールで受け取れる

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

最新の不動産投資ニュース

ページの
トップへ