• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

賃貸物件の宅配ボックス設置率、築浅・10万円以上物件の宅配ボックス設置率は、コロナ前後で20ポイント以上増加

調査(不動産投資)/その他 ニュース

2021/10/22 配信

置き配バッグOKIPPA(オキッパ)を提供する物流系ITスタートアップ企業、 Yper株式会社はこの度、都内23区の宅配ボックス付き賃貸物件を調査、前回2018年8月調査結果(※1)を踏まえた「コロナ前後での賃貸物件宅配ボックス設置率比較」を公表した。(※2)

main

2020年度の物販系ECの伸長率は21.71%と急伸し(※3) 、宅配物取扱量も48億個を突破、前年比で11.9%増加と(※4)、コロナ禍で通販利用者が一気に増加している。

緊急事態宣言の解除とともに店舗や観光地に人出が戻ると期待される一方、コロナ禍で利便性が際立った通販利用率は今後も高い数値を維持していくと思われる。外出時の荷物受け取り機会が以前にも増して増加することで、宅配ボックス付きの物件の需要のさらなる高まりが想定される。

Yperでは今回、都内23区の宅配ボックス付き物件(賃貸物件に限定)をCHINTAIネット(株式会社CHINTAI運営)で検索した2021年9月24日時点の情報を元に「宅配ボックスの設置率」を算出し、前回調査(2018年8月16日時点)と比較した。

■賃貸物件情報サイトで「宅配ボックス」の検索が2倍に

前回調査と比較してCHINTAIの物件掲載数は増加、宅配ボックス物件検索数自体は約2倍となっている。コロナ前後で賃貸物件宅配ボックス設置率は全体的に増加傾向にあるが、特に家賃10万円以上の物件で増加、また、コロナ禍で竣工した築3年以内の物件で、コロナ前と比較して宅配ボックスの設置率が大きく増加していた。

<物件検索条件>
「東京23区内」の「賃貸マンション・アパート」に限定し、築年数は「30年以内」に絞った。
「東京23区」とは下記の地域。
千代田区 / 中央区 / 港区 / 新宿区 / 文京区 / 台東区 / 墨田区 / 江東区 / 品川区 / 目黒区 / 大田区 / 世田谷区 / 渋谷区 / 中野区 / 杉並区 / 豊島区 / 北区 / 荒川区 / 板橋区 / 練馬区 / 足立区 / 葛飾区 / 江戸川区

■コロナ禍で竣工した物件の多くが宅配ボックスを設置

前回、築1年以内の物件の宅配ボックス設置率は71.69%だったのに対し、今回の調査では2020年9月以降竣工した築1年以内(2020年10月〜2021年9月)の物件での宅配ボックス設置率は87.64%、築年数3年以内でも84.31%と大きく伸びており、コロナ禍で竣工した物件のほとんどに宅配ボックスが設置されていることがわかった。(表1)

(表1)コロナ前後比較:宅配ボックスあり物件の宅配ボックス設置率(築年数別)
(表1)コロナ前後比較:宅配ボックスあり物件の宅配ボックス設置率(築年数別)

一方、細かな築年数別でみると築年数3年以内の物件での宅配ボックス設置率は20ポイント近く増加しており、他の年代と比較して伸びが際立っている。また築20年以上の物件でも宅配ボックス設置率の増加傾向が見られる。(表2)

(表2)コロナ前後比較:宅配ボックスあり物件の宅配ボックス設置率(詳細築年数別)
(表2)コロナ前後比較:宅配ボックスあり物件の宅配ボックス設置率(詳細築年数別)

■家賃10万円以上の物件で宅配ボックス設置率が大きくアップ

Yperではさらに、宅配ボックスあり物件の宅配ボックス設置率(家賃別)の比較も行った。こちらも前回調査は2018年10月4日に実施(※5)。 家賃別にみると今回調査で宅配ボックス設置率が10ポイント以上増加しているのは「10万円以上の物件」であることがわかる。(表3)

(表3)コロナ前後比較:宅配ボックスあり物件の宅配ボックス設置率(家賃別)
(表3)コロナ前後比較:宅配ボックスあり物件の宅配ボックス設置率(家賃別)

次に「家賃の価格帯別」の宅配ボックス設置率の比較では(表4)、「家賃10万円〜14万円」の価格帯の物件で宅配ボックスの設置率が20ポイント以上増加している。「16万円以上」になると元々設置率は7割以上と他の価格帯に比べて高い水準だったが、コロナ後の設置率は8割を超えており、宅配ボックスがほぼ標準設備になっていることがうかがえる。

(表4)コロナ前後比較:宅配ボックスあり物件の宅配ボックス設置率(家賃価格帯別)
(表4)コロナ前後比較:宅配ボックスあり物件の宅配ボックス設置率(家賃価格帯別)

今後も高いEC化率を背景に宅配ボックスの設置は増加することが見込まれるが、「家賃10万円以下」の物件や「築年数が5年以上」の物件では依然として宅配ボックス設置率は50%程度にとどまっているのも事実。そうした物件では、コロナ禍で定着した置き配の利用や、利用したい人だけ個別に利用できる宅配ボックス環境、より手軽に利用できる簡易宅配ボックスなどをうまく利用することが望まれる。

(※1) 2018年8月16日時点調査の記事
(※2)「コロナ前」:2019年4月以前、「コロナ後」:2019年5月以降とする
(※3) 経済産業省 電子商取引に関する市場調査
(※4) 国土交通省 宅配便取扱個数
(※5) 2018年10月4日時点調査の記事

健美家編集部

アクセスランキング

  • 今日
  • 週間
  • 月間

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

最新の不動産投資ニュース

ページの
トップへ