• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

2,128アクセス

丸ノ内線7割の駅で利回り低下【投資マンション利回りランキング:丸ノ内線編】

調査/ランキング ニュース

2017/11/21 配信

不動産投資と収益物件の情報サイト「 健美家 ( けんびや ) 」を運営する健美家株式会社( 本社:東京都港区) では、同サイトに登録された新規物件を集計し、「丸ノ内線沿線駅別 マンション投資利回りの平均」の調査結果をまと めましたのでお知らせいたします。
【健美家PR】グラフ 丸ノ内線 投資マンション利回り_20171121
【健美家PR】表 丸ノ内線 投資マンション利回り_20171121

・25駅中18駅で利回り低下

丸ノ内線沿線の物件登録があった25駅を利回りの高い順にランキングした結果、25駅中18駅で利回りが低下。全体の7割を占めた。

丸ノ内線は池袋から東京・新宿といったターミナル駅を繋ぎ荻窪に至る本線と、中野坂上から分岐して方南町に至る支線で編成されている。

都心を繋ぐ利便性に加え、丸ノ内線沿線の街は文教地域からオフィス街、繁華街、住宅街まであり、一人暮らしからファミリー層までターゲットの広い沿線のため、投資対象としても注目が高いことが利回りからもうかがえる結果となった。

1位の「赤坂見付駅」(利回り7.24%)に次いで、14駅が6%台、7駅が5%台、3駅が4%台となった。

専有面積と徒歩分数に大きな差はなく、平均築年数の古い物件の駅が、比較的上位にランキングしている。ただし、単純に築古だから高利回りというわけでもなく、面

...

この記事は会員限定です。ユーザ会員登録すると続きをお読みいただけます。

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

最新の不動産投資ニュース

ページの
トップへ