• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

1,941アクセス

福岡の住みここちランキング、TOP3は六本松・大濠公園・赤坂!

調査/ランキング ニュース

賃貸物件サイトの「いい部屋ネット」は、福岡県在住の7,089名、344駅を対象に居住満足度調査を実施し、「いい部屋ネット 街の住みここちランキング2019<福岡県版>」として集計。住みたい街調査である「いい部屋ネット 住みたい街ランキング2019<福岡都市圏版>」とともに、結果を発表した。

住みたい街(駅)では1位に博多、4位に天神という二つの大きな繁華街がランクインした一方で、街(駅)の住みここちでは、六本松・大濠公園・赤坂・薬院・唐人町と、福岡市中央区で、繁華街から少し離れた街が1位〜5位を独占する結果となった。

「いい部屋ネット 街の住みここちランキング2019<福岡県版>」トップ20(出典:大東建託)
「いい部屋ネット 街の住みここちランキング2019<福岡県版>」トップ20(出典:大東建託)

●「住みたい街(駅)」トップ3は博多・薬院・西新

福岡都市圏在住の4,521名に、住みたい街を聞いた調査では、1位が博多、2位が薬院、3位が西新、僅差の4位が天神というランキング結果に。

総評によると、「福岡市は博多駅周辺と天神周辺の二つの大きな商業集積地を持ち、西新や六本松といった賑わいのあるまちが何カ所もある特徴的な街。そのため住みたい街も複数の駅に票が分散しており、福岡市の特徴をよく表す結果」となっている。

また、「住みたい街(駅)」への回答1位は「今住んでいる街」で、2位は「特にない」となり、実に、住みたい街(駅)では54.2%、住みたい街(自治体)では74.5%が、「今住んでいる街」または「特にない」と回答。「今住んでいる街」への満足度が高く、エリアを超えての住み替えを積極的には望まない「“現状肯定派”が主流」であることが伺える。

「いい部屋ネット 住みたい街ランキング2019<福岡都市圏版>」トップ20(出典:大東建託)
「いい部屋ネット 住みたい街ランキング2019<福岡都市圏版>」トップ20(出典:大東建託)

●住みここち(駅)では、再開発で姿を変えた「六本松」が1位に

実際にその街に住んでいる人へのアンケートにより集計した、「住みここちランキング」では、再開発で大きくイメージを変えた六本松が1位に。

地下鉄七隈線が2005年に開通し、2009年に伊都キャンパスに移転した九州大学教養部の跡地に、2017年10月大型商業施設「六本松421」がグランドオープン。大濠公園・赤坂も徒歩圏で、「交通の便が良く主要都市部にも近い」、「子育て世代が多く、雰囲気も落ち着いており子どもを育てて行くには良い環境」など、幅広い世代から支持を得ている。

六本松
続いて2位となったのは大濠公園だ。天神や西新・福岡ドームも徒歩圏で、大濠公園は多くの人がジョギングや散歩をするスポットとなっている。大濠公園の西側には高級住宅が立ち並び、再開発された六本松も徒歩圏。

「都心ながら、大きな公園やお城跡が近くにあり、四季折々の自然が楽しめる」、「近くに商店街とスーパーがあり、買い物も便利。大きい街までバスで10分ほどなので何でも揃う」といったコメントが寄せられている。
大濠公園

3位に赤坂、4位に薬院、5位に唐人町と中央区の駅が続けてランクイン。「薬院以外の4つの街(駅)は、大濠公園・福岡城跡を囲むように立地しており、居住者コメントからも緑の多さと利便性の良さが高く評価」されている。

●住みここち(自治体)では2位に粕屋郡新宮町がランクイン

住んでいる自治体の住みここちについて聞いたランキングでは、住みここち上位に多くの駅がランクインした「福岡市中央区」が1位に。天神・大濠公園・薬院・六本松を抱え、浄水通りや動物園もある福岡市の中心部。中洲を挟んで博多駅も徒歩移動可能。海沿いには福岡ドーム・西公園・長浜などもあり、非居住者の自治体評価でも、福岡市中央区がトップとなっている。

そして第2位には、福岡市外の粕屋郡新宮町がランクイン。総評では、「新宮町は2010年の新宮中央駅の開業が大きな変化をもたらし、住宅開発が進んで新しく住み始めた人が多い街。IKEAなどの大型商業施設が多く立地していることも評価を高めているようだ」としたうえで、「こうした新しい街の街並みの綺麗さや、車利用のしやすさなどの評価は全国的に高くなっている」という。
また、5位には春日市がランクイン。「春日市は保育園や小中学校、図書館など子育て環境が比較的高く評価されているよう」だという。

「いい部屋ネット 街の住みここちランキング2019<福岡県版>」自治体トップ10(出典:大東建託)
「いい部屋ネット 街の住みここちランキング2019<福岡県版>」自治体トップ10(出典:大東建託)

福岡では、「よく遊びに行く街は天神と博多が圧倒的」。しかし、「よく遊びに行くから住みたいというわけではないよう」で、人気の街(駅)は、博多や天神にもアクセスしやすい、周辺の街や駅に分散している。「遊びにいく街と住む街がコンパクトにまとまっている福岡都市圏の良さが現れているとも言える」と、同調査では評している。

健美家編集部

健美家サイト会員登録で最新コラムやニュースをチェック!

健美家不動産投資ニュース

最新の不動産投資ニュース

ページの
トップへ