• 完全無料の健美家の売却査定で、できるだけ速く・高く売却

×

  • 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集

収益性を地域別にランキング。首都圏1位は溜池山王、近畿1位が大阪に。

調査(不動産投資)/ランキング ニュース

2020/07/21 配信

コロナ禍で資産デフレに再び戻るのか。日銀が7月7日に発表した6月の生活意識調査によれば、景況感が大幅に悪化している。景況感が「良くなった」との回答から「悪くなった」とする回答を引いた指数(DI)はマイナス71.2となった。前回の3月調査から大幅に34.9ポイント低下した。約11年ぶりの低い水準に沈んだ。新型コロナウイルスの影響で収入が落ち込んだなどの影響が出ている。

不景気に備えて企業の資金需要は増加傾向にある。同じく日銀が7月17日に主要銀行の貸し出し動向を調べたところ、4〜6月期の資金需要を判断する指数(DI)が企業向けでプラス59と統計を始めた2000年1〜3月期以来の過去最大となった。一方で個人の資金需要は大幅に落ち込んでおり、個人向け指数はマイナス24とこちらか過去最低水準である。住宅ローンや消費者ローンも急落している。

健美家用首都圏の収益力ランキング
出所:東京カンテイ

◎資産デフレの懸念は杞憂か?

こうした指標から『消費意欲の減退⇒デフレ経済へ』と向かい不動産市場に与える影響も懸念されている。だが、足もとの不動産市況は面白い動きをしている。緊急事態宣言で休業要請のあった4〜5月について、不動産取引の成約件数は大

...

この記事は会員限定です。
会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

健美家会員のメリット

  1. 会員限定物件や非公開物件情報が見れる
  2. 最新のコラムニュース情報がメールで受け取れる

※ 記事の内容は執筆時点での情報を基にしています。投資等のご判断は各個人の責任でお願いします。

アクセスランキング

  • 今日
  • 週間
  • 月間

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

最新の不動産投資ニュース

ページの
トップへ