• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

9,311アクセス

はじめての確定申告、サラリーマン大家さんが注意することは?《前編》

税金/申告 ニュース

昨年中(平成29年)に物件を取得し、今年初めての確定申告を迎える不動産投資家も多いだろう。そこで今回は、サラリーマン大家さんの確定申告について、基本的な内容を紹介したい。

f963aa212cf4e28a9bbb78049e6c2c4c_s

1 そもそも確定申告は必要?

サラリーマン大家さんで年末調整が済んでいる場合、不動産所得が20万円以上あれば必要。ただし、赤字の場合でも税金が返ってくる(還付となる)場合があるので、申告はした方が良い。

2 申告はいつまでにすれば良い?

確定申告の期間は、2月16日から3月15日まで。ただし、還付の申告はそれ以前でも受け付けている。

3 申告書はどこに出す?

自分の住所地の所轄税務署。国税庁のホームページで調べてみよう。また、e-Taxと言ってインターネットでの申告も出来る。申込みなど手続きは必要だが、非常に便利。もちろん郵送も可。

4 税務署に行けば申告書を書いてくれる?

日本は申告納税制度を採っており、基本的に申告書は自分で作成しないといけない。もちろん、税務署に行けば、アドバイスはしてくれる。ただし、確定申告期間中に税務署に行けばわかるが、相当ごった返している。ほぼ一日仕事になると思ったほうが良い。ポイントを絞って、わからない点だけを質問するのが良い。

5 税金はいつまでに、どこで払う?

税金を払う期限(法定納期限)は申告書の提出期限と同じ3月15日。税務署で「納付書」をもらって支払う。金融機関でも支払いは出来る。振替納税(銀行引落し)の手続きをすれば、今年は4月20日に引落しとなる。

6 税金はどうやって計算する?

サラリーマン大家さんの場合、給与所得と不動産所得を合算して計算する。不動産所得とは

「不動産収入−必要経費」

で計算する。どのようなものが収入、必要経費となるかは、次回説明する。

税金の計算は

(不動産所得+給与所得−所得控除)×税率

で行う。

7 青色申告って何?

「青色申告承認申請書」を納税地の所轄税務署長に提出して承認を受けると、「青色申告」ができる。青色申告をするには、一定水準の記帳をし、その記帳に基づいて正しい申告をする必要がある。

青色申告にすると様々な特典があり、税金が安くなる。節税の第一歩は、青色申告をすることである。「青色申告承認申請書」の提出期限は、その年の3月15日。つまり、今から提出すると平成30年分の申告(来年提出する申告)から青色申告できることになる。ちなみに、青色申告以外の申告は「白色申告」となる。「青色申告」の語源は、申告書の用紙が、その昔(平成のひと桁まで?)は薄い青色だったから。

8 申告書を作るのに用意しておく書類は?

賃料収入が分かる書類(賃貸借契約書、管理会社からの報告書、入金のある通帳のコピーなど)、経費関係の領収書、ローン返済予定表、支払いのある通帳のコピー、物件を取得した場合は、不動産売買契約書、諸費用等の清算明細など。

この他、サラリーマン大家さんの場合は、会社からもらった源泉徴収票、医療費控除を受ける場合は医療費の領収書、ふるさと納税をした場合は、各自治体からの証明書が必要。ワンストップ特例の申請をしていても、確定申告をする場合は無効となるので、申告書に記載が必要。

9 申告書が受け付けられれば、内容も認められたことになる?

税務署の窓口では、記載漏れがないかなど簡単なチェックしかしない。受け付けは単に受け取っただけで、内容が間違っていないから受け付けた訳ではない。後日問い合わせの電話があったり、お尋ね文書が来たり、場合によっては税務調査を受けることになる。

次回(明日2月2日掲載)は、どのようなものが収入、経費となるか、税額はどのように計算するかなどについて説明する。

健美家編集部

健美家サイト会員登録で最新コラムやニュースをチェック!

健美家不動産投資ニュース

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

最新の不動産投資ニュース

ページの
トップへ