• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

2,212アクセス

仮想通貨は使っただけでも確定申告が必要?不動産投資家も要注意!

税金/申告 ニュース

2018/02/11 配信

先日も「NEM」の流出問題で話題となった仮想通貨。ビットコインの下落にも歯止めがかからない。不動産投資家の中にも、仮想通貨を保有している人がいるだろう。

e6535272c143acaab7d0960e532ab91d_s

この仮想通貨の取引で利益が出た場合、当然確定申告が必要になる。国税庁は、昨年8月末にタックスアンサーを公開。ビットコインを使用することにより生じる損益は「雑所得」に区分されるとした。

サラリーマン大家さんがビットコインなど仮想通貨の取引をしていれば、給与所得、不動産所得、雑所得を合算して申告しなければいけないことになる。

ビットコインの所得区分が注目されたのは、それによって税率が変わるからだ。株式投資などと同じく、分離課税の譲渡所得で税率20%との淡い期待もあったが、結局、雑所得となった。雑所得は総合課税の税率が適用されるので、全ての所得を合算した金額が課税所得金額となり、そこに税率を掛けて所得税額を計算する。つまり、最高税率の45%が適用される場合もあるということだ。

ところで、先程紹介したタックスアンサーには、次のように記載されている。

「ビットコインは、物品の購入等に使用できるものですが、このビットコインを使用することで生じた利益は、所得

...

この記事は会員限定です。ユーザ会員登録すると続きをお読みいただけます。

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

ページの
トップへ