• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

借地権の戸建、ガッチリと指値が通ってしまい、購入へ。

ひろ*さん_ブログ画像

12/04 07:48 更新

人気ブログランキング参加中です。是非応援のクリックを。

現在14位です。眠いわー、ちょっと夜更かししてゲームしすぎたわー。

応援クリックよろしくお願いします→



いやはや、指値通っちゃいましたたよ。小さな戸建ですが、半額近くになったので

購入することになりました。結局繰り上げ返済とか言いながら買っちゃったよ(汗)



先日、東京5棟目、東京8棟目、東京12棟目を購入させていただいた業者さんの

新着情報で見かけた小ぶりな借地権の戸建。机上で検討して現地見てみようかなと

考えたところまではブログに書きましたが、今回はその続きです。



東京12棟目の引渡当日。施工業者さんに、引渡のついでに近所にある戸建の

内覧をしたいということを伝え、OKをいただきました。引渡完了後に目的の戸建へ

移動して状況の確認。



元付業者さんに事前に「内装はフルリフォームが必要です」と予告されていました。

現地を見て、まあそうだなと納得。キッチンの床はぶかぶか、砂壁の和室、など

このまま貸したらけっこう安くなるだろうなと思える内容が揃っていました。

スケルトンにできればいいんでしょうけど、予算的に厳しい場合は表層リフォームで

対応することになります。というか、この時点では売出価格も考慮すると表層で

終わらせるべきという判断をしていました。施工業者さんは「表層って言われるのが

一番キツイんだけどね〜」と言いながら、だいたいの予算感を教えてくれました。



内装は少なくともフルリフォームは必要な戸建。東京8棟目みたいにアパート化を

試みても良いのですが、ちょっと面積が小さいので充分な家賃が取れるかが怪しい。

中途半端な広さなので、戸建としてそのまま仕上げて出す方が確実だろうと考えます。

そうなると、仕入金額は安くならないと厳しいです。1階と2階を分離してアパートに

改造するなら、その分賃料も高くなります。他方、戸建のままとすると、賃料はそこまで

高くは取れないです。



戸建前提とすると、指値は結構厳しく入れないと難しいなあ。



そんなことを思いながら、後日施工業者の社長さんとメッセージのやり取り。

収益化させるにはガッツリと指値を入れないと厳しいよねという話をしたところ

「業者目線ならこのくらいの指値は入れると思うよ」という金額を教わりました。

あ、私が想定している指値よりさらに厳しい(笑)



よし、それじゃあその言われた金額で素直に指してみようっと。通ればラッキーだし

通らなくて買えなければそれはそれでいいし。それに元付業者さんも顔なじみなので

無理めな指値だったら無理ですって言ってくれると思うのです。東京12棟目の時も

そこそこ指値を入れたけどきちんとまとめてくれたし、入れてみて損はないはず。



というわけで、元付業者さんになかなか気合の入った指値でぶち込んでみました。

半額近くになる指値に加え、借地なので20年巻き直しでの購入希望としました。

指値が厳しい代わりに、現金一括・瑕疵担保免責・現状有姿で良いとしています。

無理なら売主さんに持っていかずに断ってくれて構いません、ということも添えて

連絡しました。



元付業者さんからは「売主さんも早く売却したい意向」であるということを聞かされ、

「現金一括なら売主さんをその金額で説得してみる」と返答をいただきました。

あれ、このパターンは東京12棟目と似てるぞ・・・もしかして通る?なんとなく

そんな予感がしてきました。



そして4日後。元付業者さんから「指値の額でまとめました」と連絡が入りました。

まとめちゃったよ、本当に。自分が売主サイドだったら恐ろしい話です^^;

ただ、先方も早く売りたい意向だったようですから、こちらもそのニーズに応えて

現金一括で対応するとしましたし・・・そういう意味ではあちらも損はしてないはず。

そう信じたいと思います。



早めに決済を終わらせることを条件にしてきたようで、契約と決済は同日ということで

候補日を挙げてほしいと依頼されました。今週土曜と来週日曜を候補日としましたが、

今週土曜はさすがに厳しいらしく、来週日曜で調整するとのことです。



予定外の購入でしたが、割安に仕込めたと思うので、しっかり収益化させることを

考えたいと思います。



ランキング上位定着目指して毎日ブログを更新中。ここまで読んでしまったからには

お帰りの前にこちらをクリックですよ!→
健美家不動産投資ブログ

プロフィール

ひろ*さん_ブログ画像

サラリーマン大家 男性 事業的規模

東京都

ブログタイトル

不動産投資 問わず語り

ページの
トップへ