• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

第11回不動産投資に関する意識調査

調査期間
2019年4月24日( 水 ) 〜 5月8日( 水 )
調査対象
不動産投資と収益物件の情報サイト「 健美家(けんびや) 」( https://www.kenbiya.com/ )の会員

この調査の詳細をPDFでご覧いただけます。本件に関する詳細なレポート( PDF:2264KB )

結果報告

  • 1 現在の不動産投資市場について

  • 「売り時」は前回調査より約20ポイント減少。「買い時」「どちらともいえない」はともに増加
  • 売り時だと思う理由の68.4%が「価格の高騰」
  • 売り時は「2020年まで」が48.5%と最多
  • 買い時の理由は「低金利」であること(56.3%)
  • 買い時は「2020年まで」が42.9%と最多
  • 59.6%が「物件次第」と回答。「買い時でもなく、売り時でもない」が19.2%
  • 2 物件購入についてお伺いします

  • 「購入した」が34.5%と前回からは横ばい
  • 一棟アパートが37.2%、次いで戸建賃貸の28.3%
  • 東京・神奈川・千葉・埼玉で48.9%とほぼ半数
  • 購入した物件の36.7%が利回り12%以上
  • 購入しなかったのは物件理由によるもの、「欲しい物件がない」「価格が合わない」
  • 自己資金が少なく購入できなかった人が39.5%
  • 融資を活用して購入した人は約7割
  • 3 物件購入時の融資環境について

  • 融資環境の変化は「自己資金」に影響
  • 自己資金は1割以下が約8割と変わらず
  • 最も多かったのは金利1%台で約半数
  • 信用金庫・信用組合の割合が25.8%に上昇
  • 4 インスペクションの現状について

  • 3割の人が物件を購入し、2割の人が売却活動をした
  • 購入時にインスペクションを実施した人は8.7%
  • 売却の際にインスペクションを実施した人は8.0%
  • インスペクションを実施した人の38.1%が「事前に瑕疵を発見したかった」と回答
  • 「インスペクションについて以前から知っている」という回答は、52.3%と全体の半数を超えた
  • インスペクションを重視したいと思う人は購入時が58.2%、売却時だと18.4%
  • 5 アンケート回答者の属性

  • アンケート回答者属性 年齢、性別
  • アンケート回答者属性 年収(家賃年収も含む)
  • アンケート回答者属性 自己資金
  • アンケート回答者属性 職業
  • アンケート回答者属性 投資歴
  • アンケート回答者属性 居住地

【 調査要網 】

調査期間
2019年4月24日( 水 ) 〜 5月8日( 水 )
調査対象
健美家( けんびや )登録会員約81,000名
有効回答数
522名
調査方法
インターネット上でのアンケート回答

この調査の詳細はレポート( PDF )でご覧いただけます。
本件に関する詳細なレポート ( PDF:2264KB )

※調査データを引用する際は、
「 不動産投資と収益物件の情報サイト健美家」
と明記をお願いいたします。

ページの
トップへ