• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

不動産投資用語:登記簿地目の意味

【登記簿地目(とうきぼちもく)】

登記簿地目とは、不動産登記簿謄本の表紙(表題部)に記載された土地の状況、もしくは土地の用途のことです。

地目とは、土地の現況と利用状況による区分のことで、田、畑、宅地、塩田、鉱泉地、池沼、山林、牧場、原野、墓地、境内地、運河用地、水道用地、用悪水路、ため池、堤、井溝、保安林、公衆用道路、公園、雑種地の21種類に区分されています。注意点として、登記簿地目が実際の土地の利用状況と必ずしも一致しているとは限りません。


ページの
トップへ