• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

不動産投資用語:築古の意味

【築古(ちくふる)】

建てられてから一定の年数が経過した建物の呼び方。築〇年を過ぎたものを築古と呼ぶ、という規定はないが、一般的には築30年を過ぎた頃から築古と呼ばれることが多い。反対語は築浅で、築10年未満の不動産に使われることが多い。


【築古】に関する記事

ページの
トップへ