• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

不動産投資用語:道路斜線制限の意味

【道路斜線制限(どうろしゃせんせいげん)】

道路斜線制限とは、建築物の高さを制限する法規であり、いわゆる斜線制限の1つです。

道路斜線制限は、建物の道路に面する一定部分の高さを制限することで、道路自体の採光や通風を確保することを目的とし、周辺の建物の採光や通風をも同時に確保することを狙いとしています。この道路斜線制限によって、建物を建てる際は、前面道路からかかる一定の斜線勾配の内側で計画をしなければなりません。制限の内容は、前面道路の反対側の境界線を起点として、適用範囲(距離)と、斜線の勾配(角度)によって規定されます。


【道路斜線制限】に関する記事

ページの
トップへ