• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

不動産投資用語:DCF法の意味

【DCF法】

DCF法とはDiscounted Cash Flow法の略で、収益還元法において、主として用いられる2つの手法(もうひとつは「直接還元法」)のうちのひとつです。

具体的には、不動産の保有期間(数年間)に得られる純収益を現在価値に置き直したものと、その期間終了時に不動産の売却によって得られると予想される価格(売却予測価格)を現在価値に置き直したものを合計することにより、不動産の収益価格を求める手法です。


【DCF法】に関する記事

ページの
トップへ