• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

6,746アクセス

京都特有のアレが原因? ミニマム庭付き一戸建て。

森岡友樹さん_画像 第11話

ネットを徘徊して間取り図を集めること十数年。

すでに1万枚にのぼるであろう
間取り図コレクションの中から、
厳選した間取り図を取り上げながら、
少しだけ解説を加えつつ、
( 掲載が健美家さんだけに )
少しだけ大家さんの立場も考えつつ、
妄想を膨らませて一緒に楽しめる連載に出来ればと思います。

歌は世につれ、世は歌につれ。
そういった名文句がございますが、不動産もまさにそうでして…
間取りは世につれ、世は間取りにつれ…
な感じでもございます。

暮らしが変わればどんどん改築、アレが足りないとなれば増築。
部屋数が多いのが人気になれば小さな部屋が増え。
おしゃれに暮らしたい人は減築も始める昨今。

今回は、増改築を経て、最終的に残ったお庭の話。





ミニマム庭付き一戸建て


小さいんです。
これでもかと言わんばかりに。

この物件、京都の物件です。
確かに町家の形を成してはいますが、3階建てということで、
もし本当に京町家であれば全体の1%にも満たない
超激レア物件ということになりますが…。

ひょっと時代も思ったより若い物件かもしれません。
しかし、それでも恐らくお風呂はついて無かったのでしょう。

トイレの出入り口が2方向あり、
その片方が洗濯機置場で塞がれる形になっていることからも、
何らか増改築の結果だろうと推察されます。

ということで、やはり順序的にはお風呂が増築されて
今の形になったと考えるのが妥当かしらと。

さてではお風呂を増築する時に、
このリアル猫の額程度の庭を、なぜに潰しきることなく、
後世に残したか…。

京都で、この位置。
関西の人なら思いつくかもしれません。
「 鬼門封じに欠けさせたか? 」と。

鬼門の部分を間取り的に欠けさせたり、
土地そのものを欠けさせたり、
裏鬼門にあたる場所は逆に張り出させたり…。
そういうものが関西の特に京都の文化にはあるんです。

実は、未だに連綿と続く風習です。

この本当に細やかな庭に、
柊、南天、桃等が植わっていれば間違いないでしょうが、
そこまで確認する術はありません。

しかし、もしそうだとしたら、
世の中のニーズの変化がどう起ころうとも、
もっと古く強い文化の前には道を譲るという事の証し。

そう言う意味で、
3階の京町家であろうがなかろうが、
大変興味深い間取りだと言えるのではないでしょうか。




京都のお庭。風流どすなー。
〔イラスト:牛木匡憲(うしきまさのり)〕




さて、こんな感じで次回以降も続きます。
もし、この物件はどうなんだ?とか

この物件を読み解いて欲しいというご希望などありましたら、
お知らせください。

森岡友樹

健美家サイト会員登録で最新コラムやニュースをチェック!

健美家不動産投資コラム

プロフィール

■ 森岡友樹(もりおかともき)さん

森岡友樹

プランナー/マドリスト

■ 経歴

大学在学中に村上隆に見初められ 10 代でアーティストデビュー。

国内外で個展、グループ展参加。受賞歴少々。

独立後、主にプランニングの仕事をする傍ら不動産領域での活動も開始。

面白い間取り図を皆で眺めて楽しむ「間取り図ナイト」は全国で延べ 50 回以上開催し、ほぼ毎回完売の人気イベント。

現在は『間取り図ナイト最終回ツアー』と題したイベントを引っさげ、全国 47 都道府県を巡回中。

2016年、物件ファン編集長に就任。

■ 著書


「間取り図大好き!」


※ この連載に登場する間取り図は、実在する間取り図を参考に、本連載用に改めて製作をしたものです。

ページの
トップへ