• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

6,063アクセス

安価で簡単な空室対策!単身にもファミリーにも人気のチョークボードペイント

坂田夏水さん_画像 第18話

7月とはいえ、まだまだ雨が多い日が続く今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか? こんにちは、夏水組の坂田です。

近頃では、DIYの認知も徐々に広がってきており、あえてDIYができる賃貸に住み、思い通りの空間を演出するといったこだわり派の方たちも年々増えてきているように感じます。

さて今回は、チョークボードペイントを使って、遊び心のあるお部屋に簡単に変身させる方法をご紹介いたします。

簡単にできて、しかも安価。それでいて、他にはないインパクトのあるお部屋に仕上げることができるので、空室対策にぴったりです。単身にもファミリーにも喜ばれるのもいいですね。

■ チョークペイントとは?

早速ですが、チョークペイントをご存知ですか? チョークと聞くとイメージするのは黒板。そうです、壁紙などの上に塗るだけで黒板になるという塗料です。( 黒板塗料とも言われています。)



一見、普通の塗装仕上げに見えますね。今は以前のような黒や緑だけでなく、インテリアとマッチする淡い色や明るい色のチョークボードペイントも登場していますよ。

■ 書いて消せる、オリジナルな空間が作れるということが差別化に

どんな場所に塗ればいいかというと、せっかくなので、お部屋のアクセントになるように広い壁を選ぶと、室内の印象がパッと変わるようなインパクトが出ます。

そういう壁に塗るのが難しい場合には、柱の出っ張りや玄関の脇の壁など狭いスペースや壁の一部といった面積の少ない部分に塗ることもアクセントになっておすすめです。

黒板塗料なのでチョークで書いて消す事ができますが、長く使っていると白っぽさが残ります。入居者が変わるタイミングで、上から塗料を塗ればすぐにきれいになることもメリットです。

「 ここだけは落書きOK 」という場所があるだけで、子供も大人も楽しい気持ちになるものです。何より、他にはない差別化になりますよね。


( 物件:Kuca上北沢 提供:ひつじ不動産 )

そのほか、カフェのように文字を書いたり、写真を貼って額縁などデコレーションしてみたり、お子さんがのびのびと落書きできるスペースにしたり…

そんな遊び心ある使い方が賃貸でもできることが伝われば、その部屋での楽しい生活をイメージしやすいと思います。

■ 今までにないフレンチカラーは、床や建具カラーとの相性もGOOD

夏水組では、従来の黒板のイメージとは少し違ったフレンチカラーのチョークボードペイントを取り扱っています。

シックなトーンの色味なので、既存の床や建具の色味ともなじみやすいのが特徴です。2L缶で壁に2度塗りする場合、約8〜12平米塗ることが可能です。



<夏水組のチョークボードペイント カラーバリエーション>



夏水組のチョークボードペイントのバリエーションは4色。また、塗装可能なドアに塗れば、お部屋のイメージががらっと変わります。( ドアは「 AIMER( エメ ) 」がおすすめです。)

まずは、簡単にイメージチェンジできるチョークボードペイントを使って、愛されるお部屋を目指しましょう。さらに輸入壁紙と組み合わせて、ぜひお部屋全体のフルモデルチェンジにもチャレンジ!

でも、どんな風にお部屋を変えたらいいのか、どんな方法があるのか…と迷ってしまったら、このコラムに加えてぜひこちらの書籍も参考にしてください。


『 セルフリノベーションの教科書 「 塗る・貼る・つける・飾る 」でちょっと内装に手を入れるだけ 』誠文堂新光社 

ではまた、来月お会いできることを楽しみにしています。

健美家サイト会員登録で最新コラムやニュースをチェック!

健美家不動産投資コラム

プロフィール

■ 坂田夏水(さかたなつみ)さん

夏水さん

公式HP:夏水組
ネットショップ:MATERIAL

株式会社夏水組 代表
不動産投資家

□ 経歴

1980年生まれ

2004年
武蔵野美術大学造形学部建築学科卒業。
アトリエ系設計事務所、工務店、不動産会社勤務

2008年
夏水組設立

内装デザインのみならず不動産企画やコンサルティング業務、DIY商品企画、雑貨店GONGRIや飲食店LEMONNEのプロデュース等、女性特有のデザインが注目を 集めている。

□ 主な著書

『夏水組の パリ 風手作りインテリア』
(KADOKAWAメディアファクトリー)

夏水さん

『夏水組インテリア・コレクション』
(けやき出版)

夏水さん

『夏水組の「家デコ」レシピ』
(学研パブリッシング)

夏水さん

『リフォーム&インテリア アイディアBOOK』(KADOKAWAメディアファクトリー)

夏水さん

ページの
トップへ