• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

14,030アクセス

【新連載】銀行員からボロ物件投資家へ。僕らの財布は狙われている!

オロゴンさん_画像 オロゴンさん 第1話

2021/1/23 掲載

はじめまして、オロゴンと申します。今月から不動産も含めた「 マネーリテラシー 」という広いテーマでコラムを書かせていただくことになりました!

僕は新卒で10年ほど銀行に勤務した後、人材派遣関係の会社の代表として独立しました。完全に一人で始めたのではなく、勤め人に嫌気が差したのと会社経営をしてみたいとの思いで、先に起業した銀行時代の先輩の下で、雇われ社長としてスタートした格好です。

ただ、雇われ社長という立ち位置は、リスクの割に勤め人とそれほど変わるものでもなく、仕事自体にもあまり興味が持てなかったため、その会社も立ち上げがある程度落ち着いたところで辞めてしまいました。

当時、貯金はそれなりにあったものの、家族もいる身で何もしないわけにはいきません。「 はて・・? 辞めたはいいけれど、何をして食べていこうか? 」といろいろと考えた挙句、目をつけたのが不動産でした。

今思えば無謀にも思えます。しかし、少ない知識と資金で不動産投資をゼロからスタートして今ではそれが生活の支えとなっています。こんな私の経験が、これから不動産投資に取り組む読者の皆様の参考になればと考えています。


80万円で購入した家( 6万円で賃貸後に売却 )

■ 銀行員から雇われ社長を経て不動産投資家へ

僕の投資経歴を紹介します。2018年12月に福岡県の地方都市で初めて戸建を購入し、DIY後に客付けに成功したことを皮切りに、現在は戸建10軒を賃貸中です。( くわしくは以前に取材いただきました大家列伝もご覧ください )

参照:大家列伝【 前編・後編 】

毎月、月末になると家賃収入が振り込まれる通帳を眺めては、定期収入の心強さを噛みしめています。10戸ともなると若い頃の給料を超える金額です。それが毎月積み上がっていくのですから、なんだか不思議な気持ちです。

不動産投資家としてはひよっこではありますが、今後は融資を活用して大きな物件を買い進め、先輩大家さん達に追いつけるよう精進していきたいと思っています。銀行時代に培った知識や経験をどれくらい活かす事ができるのか今からドキドキワクワクしています。

不動産以外の活動ですが、これまで主にSNSのツイッターを通じてお金にまつわる知識を発信してきました。出版社の方とのご縁もあって、2020年4月には「 サイフの穴をふさぐには? 」という本をKADOKAWAさんから出版させていただきました。



この本はうだつの上がらないサラリーマン( 昔の僕です・笑 )が、何でも知っているブタの貯金箱の妖精から、お金や社会の仕組みを教えてもらって成長していくというもので、お金版の「 ドラえもん 」や「 夢をかなえるゾウ 」というイメージで書き進めました。

これからお金の勉強を始めたいと思っている方や学生・新社会人の方でも楽しく読める本になっていると思いますので、よかったら読んでみてください。

■ 起業するまで知らなかったお金の「 裏側 」にあるもの

さて、僕は元々銀行にいたこともあって、一般の方に比べれば「 お金 」について考える機会は多かった方だったと思います。と言いつつ、マネーリテラシーが昔から高かったのかと言えば答えは「 NO 」です。

若い頃は自分の給与明細すら見た事がなく、毎月かなりのお金を飲食や遊興費に使っていました。そのくせ月末になると「 給料は上がっているはずなのにどうして貯金できないんだろう? 」と首をかしげる始末。

それでいながら、真剣にお金のことを考えたり調べたりすることもせず、飲みに繰り出す毎日でした。「 みんなと同じことをしていれば、人生なんとかなるだろう 」と思っていたのです。甘かった・・・。

そんな僕がお金について考える契機になったのは、銀行を離れ、雇われ社長としてイチから会社を立ち上げたことでした。

労働基準局や社会保険事務所に手続に行き、税理士さんと打ち合わせをする中で、従業員として働いていたときには全く見えていなかった税金や給料の仕組みの裏側を知り、まさに目から鱗が落ちる日々でした。

例えば、毎月の給料から自動的に税金が引かれる「 源泉徴収 」という仕組みがあります。これは誰がやっているかというと、会社の経理担当者が皆さんの給料から天引きした税金を社員分まとめて計算して国に納付しているのです。

国が会社を「 税金徴収の代理店 」として使っているわけです。会社からすれば、それなりの人件費もかかるので代理店手数料でももらいたいところですが、そんなものは当然ありません。

経理担当の人は自分の仕事としてごく当然のように、みなさんの給料から税金を天引きするし、貰う側の従業員もこれまた当然のように給料から税金が引かれることを受け入れています。

給料を支払う側になって、そういう全体のシステムが俯瞰的に見えるようになりました。そこで思ったのは、「 どうしてお金についての知識を学校で教えないんだろう? 」ということです。

本業や不動産投資などの稼ぐ力ももちろん大切ですが、お金を「 守る力 」「 ディフェンス能力 」も同じくらい大事だと僕は考えています。それなのに何も知りませんでした…。


50万円で購入し3.4万円で賃貸中の家( 駐車場は自分で造成した )

■ 僕らの財布は常に狙われている

乱暴な言い方になってしまうかもしれませんが、僕たちが生きているこの資本主義社会は、「 他人のサイフの中からいかにお金を出させるか 」ということを、たくさんの大人が一生懸命に知恵を絞っている世界です。

SNS上でよく見るような「 誰でも1日10分で簡単に月100万 」的なわかりやすい誘い文句から、テレビドラマで主人公たちが美味しそうにビールを飲むシーンまで、四六時中、無数の情報が僕らにお金を使わせようとしています。

ましてやこのインターネット社会においては、プロモーションの手段がテレビコマーシャルや雑誌広告くらいしかなかった時代に比べ、そのアプローチや課金手段も実に多種多様です。進化しています。

例えば最近、価格がまた高騰し始めているビットコインに代表される仮想通貨( 正式には暗号資産 )は、2017年後半にユーザーが爆発的に増えました。その要因のひとつに、”アフィリエイト” ( ネットで広告報酬を得る仕組み ) があったと僕は考えています。

当時、仮想通貨を購入するための取引所の口座を開設すると、1件あたり1万円以上の高額の報酬がブログなどに広告を掲載したユーザー( =アフィリエイター )に支払われていました。

「 仮想通貨は儲かる 」「 口座を作るのは今しかない! 」「 初心者向け仮想通貨取引の始め方 」というような一見有益な情報の裏側には、その投稿を見た人を口座開設に誘導して紹介料を得る、という”真の目的”が存在していたのです。

仮想通貨のアフィリエイトはドル箱で、しかも比較的稼ぎやすかったため、相場の上昇と名もなきたくさんの人々のお金への欲が大きなうねりとなって、爆発的に流行したのです。 ( 今ではほとんど旨味はないようです )。

無防備なままで、この”情報の濁流”が流れる世界を生きていれば、どんなに毎月お金を稼ごうが、あっというまにサイフの中身は空っぽになってしまいます。そして今後、この流れはますます加速していくでしょう。

一方で、経済の仕組みを見れば、多くの人がそうやって他の人にお金を使ってもらうことで、ご飯を食べています。つまり、僕らのサイフの中身は、たくさんの人が人生や家族を背負って、それこそ命がけで狙ってきているともいえるのです。


リフォーム作業中

■ お金の守り方は学校では教えてくれない

現実はかくも厳しい社会であるにもかかわらず、学校ではお金の守り方についてほとんど教えてくれません。それは、サイフの中身をあてにしているのは、民間の会社や業者だけでなく、国民から税金を徴収する政府や自治体も同じだからだと思っています。

サラリーマンのサイフから気づかぬうちに税金を取っていく仕組みは、法律や制度でシステム化・義務化されている分、民間よりもある意味タチが悪いかもしれません。そのあたりのくわしい話も今後のコラムでしていければと思っています。

次回からは、特にサラリーマン投資家の( またはこれから投資家を目指される )方々にとって、知っておきたいお金の知識をわかりやすくお届けしていきたいと思っています。

もちろん、僕自身の不動産投資の話や資産運用の話も紹介します。元銀行員という職を捨て、東京から九州に居を移し、家族を養うために奮闘する僕の経験や知識が、皆さんのお役に立てば嬉しく思います。

プロフィール

■ オロゴンさん



不動産投資家
福岡在住
ツイッター:@orogongon
Voicy:オロゴンクエスト

■ 主な経歴

□198×年
九州某所に誕生

□199×年
私立中高一貫校で勉学に励む

□200×年
大学(法学部)進学と同時に上京

□200×年
・都市銀行に就職
・30才で年収1千万円を超えるが、労働時間が長くやりがいも感じられない日々を送る

□201×年
・都市銀行を退社
・妻と自分の出身地に近い福岡へ移住

□201×年
・人材派遣業の雇われ社長となる
・週末を利用して副業で月10万円前後を得る

□2018年
・雇われ社長を辞めて、フリーランスとなる

□2018年
・ツイッターをスタート
・サウザーさんの影響で不動産投資の勉強を開始
・約50棟を見た後、80万円の戸建てを購入(売却済み)

□2019年
・法人を設立(2戸目以降は法人で購入)
・戸建を100万円で購入
→6万円で賃貸後、火災で消失
・戸建を50万円で購入
→3.4万円で賃貸中
・長屋を20万円で購入
→4.3万円で賃貸中
・戸建を25万円で購入
→3万円で賃貸中
・戸建を50万円で購入
→3.8万円で賃貸中
・長屋を80万円で購入
→約4万円で賃貸中

・Voicyをスタート
・アルバイトの人を雇って、DIYのスピードアップを図る

□2020年
・戸建2件+月極P4台を140万円で購入
→計6万円で賃貸中
・戸建を20万円もらって取得
→3.8万円で賃貸中
・戸建を150万円で購入
→5.4万円で賃貸中
・戸建を38万円で購入
→3.5万円で賃貸中
・戸建を10万円で購入
→2.6万円で賃貸中
・その他に、戸建て3軒とAP1棟を取得

・全国の大家さんとオン・オフで交流を深める
・規模拡大のため銀行回りを開始

□2021年
1棟物を購入予定

■ 著書

「 サイフの穴をふさぐには? 」



ページの
トップへ