• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

16,810アクセス

こんなアパート名はイヤだ!? 〜全国大家ネットワークイベントより〜

不動産投資の投スポ/全国大家ネットワークさん_画像 不動産投資の投スポ/全国大家ネットワークさん 第1話

2012/4/23 掲載

不動産投資業界のホットな話題を紹介する「 投スポ! 」
初回の今回は、4月21日( 土 )に全国大家ネットワークの主催で開催され、全国の大家さん約250名が参加した「 踊るチンタイ経営2012春 」の様子をレポートします。

■ 命名「 ワイルドルビー 」が特賞Bを受賞!
〜 草原にたたずむ赤い壁の築古アパート命名ゲーム 〜

イベント紹介の前にまず、シンポジウム終了後に行われた懇親会の「 アパート命名ゲーム 」の結果を報告します。

同ゲームは、渡辺よしゆきオーナーの所有する埼玉県内の築古アパートに、入居者さんの関心を引きそうな物件名をつけるという内容。


赤い外壁が特徴のアパート

懇親会に参加した約80名が10班に分かれ、各自ネーミングを行った結果、見事B賞( 特典:健美家で紹介 )に選ばれたのは、1班命名の「 ワイルドルビー 」でした。


意外な受賞に湧く1班の皆さん。写真中央でうなだれるのが渡辺オーナー。

授賞理由:「 この物件に住むのは、50代の独身男性だと思います。50代の男性といえば寺尾聡氏のルビーの指輪が懐かしい年齢だと思ったのでこの名前を選びました 」( 審査員の萩原知章健美家代表 )

この他に、次のようなアパート名が出されていました。

・泣いた赤鬼荘( A賞、特典は全国賃貸経営新聞で紹介 )
・赤い彗星〜ボロアパート〜( C賞、特典はさくら事務所ブログで紹介 )
・赤貧荘
・レッドクリフ
・あしも荘
・ヴィラ・ドゥ・ロッソ


乾杯の音頭も務めた岡元公夫さんによれば、最近人気のアパート名には、以下のような特徴があるそうです。

・英語よりも、イタリア語、スペイン語の物件名
・ラ行が2文字入っている
・長すぎない( 最後に地域名が入らない )


ちなみに、同物件の本当の名前は「 ジロプロ1 」。渡辺オーナーによれば、購入当初75%空室だった「 ジロプロ1 」は現在、満室とのこと。やはり「 ラ行 」の文字が2つ入っていたのがよかったのでしょうか?

■ 入居者主導とコミュニティが未来型賃貸のキーワード?!

順序が前後しましたが、続いて懇親会の前におこなわれた第一部のセミナー【 入居者に選ばれる新タイプ賃貸住宅のオーナーたち 】及び、第二部のシンポジウム【 アナタの賃貸経営は元気ですか? 】についてご報告です。

第1部ではまず、「 マージュ西国分寺 」の 影山知明オーナーが、「 入居者主導で、開かれたコミュニティをつくりながら暮らす 」というテーマについて講演。

ワンルーム居室、ファミリータイプ居室、コモンルーム、SOHO、カフェという様々なスペースを同じ建物内に配置し、入居者たちに「 ここでの暮らしを作ってもらう 」という新しい考え方等が報告されました。



※マージュ西国分寺のサイトはコチラ

続いて、「 Chicca経堂 」の安藤勝信オーナーのあいさつを経て、同物件の3名の入居者さんと全国賃貸住宅新聞社の榎本ゆかりさんが登場、「 男性諸君、目覚めよ! 女性目線の建物づくりにこそこれからの賃貸住宅の可能性はある 」をテーマに女性目線での不動産選びについて意見が述べられました。



参加者がとくに興味を示したのは、「 Chicca経堂 」の3名の女性入居者たちが披露した部屋探しのエピソードや、実際に住みたい部屋の条件等。

・不動産屋に行く前にPCで物件を絞る作業をするが、ここでの情報をいかに多く得られるかが私たちには大事。

・「 Chicca経堂 」は広さや設備、賃料などハード面のほかに、安藤オーナーのブログで大家さんの「 この物件への思い 」を知ることができて興味を持った。

・不動産屋を4軒回っていくつも物件を見たが、ここしか住みたいところがなかった。

・クリーム色の外観とエントランスを見て「 いいな 」と思い、室内の観葉植物を見て「 ここに住みたい 」と思った。

・人を招くときにどう見えるかも気になる。この物件は「 いい部屋だね 」と言ってもらえる。

・入居前にオーナーとの面接があったのは驚いたが、オーナーに「 同じような美意識の方が住んでいる 」と聞いて、いいなと思った。


実際の入居者の声を聞けて参考になったという意見のほか、「 入居者さんにこのような場所に登場してもらうなんて考えられない。そういう関係性を築いている安藤オーナーはすごい。我々もそうならなければ 」といった感想も聞かれました。

※「 Chicca経堂 」のサイトはコチラ
※安藤オーナーのブログはコチラ

■ 大家さんの力で賃貸市場をよくしていきましょう!

続く第2部は、パネルディスカッション形式。大西倫加さん( さくら事務所取締役 )がモデレーターを務め、「 アナタの賃貸経営は元気ですか? 」をテーマに進められました。

下條雅也さん( 行動する大家さんの会代表 )、長嶋修さん( さくら事務所代表 )、萩原知章( 健美家代表 )、榎本ゆかりさん( 全国賃貸住宅新聞社取締役 )、影山知明さん( 「 マージュ西国分寺」オーナー )、安藤勝信さん( 「 Chicca経堂 」オーナー )が今後の賃貸経営の課題等について意見を述べると、参加者からはいくつも質問が寄せられました。



全国ネットワークが今回のイベントを開催した背景には、「 宅建業者等が主導する現在の賃貸市場を、大家主導のものに変えていきましょう。そして、よりよい賃貸市場を大家の力で築いていきましょう 」というテーマがあるといいます。

【 健美家・投スポ 】では、これからも全国大家ネットワークの活動を紹介していく予定です。

※「 全国大家ネットワーク 」のホームページはコチラ
全国の大家さん、大家さんを目指す方々なら、誰でも入会することが可能です。


写真協力・山本悟さん(株式会社ドリームハイブ
健美家サイト会員登録で最新コラムやニュースをチェック!

プロフィール

■ 投スポ取材班

日夜スクープを追い求めて不動産投資業界を駆け回るフリーのジャーナリスト軍団。

不動産投資業界でウワサされるあんなことやこんなことの真相を確かめるべく、全国の事件(?)現場を取材している。

ジャーナリストの中には兼業で大家をしているメンバーも含まれるらしいが、その正体は不明。

ミーティングでの合言葉は「事件は会議室で起きているんじゃない。アパートで起きているんだ!」

ページの
トップへ