• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

不動産投資用語:第一種・第二種住居地域の意味

【第一種・第二種住居地域(だいいっしゅだいにしゅじゅうきょちいき)】

第一種住居地域は住居の環境を保護するための地域です。3,000m2までの一定条件の店舗・事務所・ホテル等や、環境影響の小さいごく小規模な工場、中小の運動施設所などを建てることができます。

第二種住居地域は主に住居の環境を保護するための地域です。10,000m2までの一定条件の店舗・事務所・ホテル・パチンコ屋・カラオケボックス等の他、環境影響の小さいごく小規模な工場を建てることができます。郊外の駅前や幹線道路沿いなどはこの地域にあたることが多く、アパートやマンション、大きめのスーパーや商業店舗・事務所などが立ち並ぶ町といったイメージです。


ページの
トップへ