• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

11,674アクセス

頭の中を言語化せよ。僕を導いた122のリスト

広田健太郎さん_画像 第8話

不動産業に入ると決めてから僕の考え、アイデアなど全てを書いてきたノートが59冊目になりました。ここまでくるともう一生やめられません。僕のビルよりも大切な一番の財産ではないかと思います。

さて、2016年も6月です。あっという間に半分まできました。後半戦に備えるためにも、ここで一度、時間を作って自分やビジネスを振り返りノートに書き出す時間を作りたいものです。

今回はこのノートに、僕が何をして何を考えて、ここまでたどり着けたのかを頭の中が空っぽになるまでノートに書き出してみました。全部で122個のキーワードが出てきました。その中で12個を紹介します。

6.スノーボール

投資の冥利は複利に尽きます。小さな雪だるまを早くから転がして大きくしていくことの大切さはウォーレン・バフェットも言っている通り。

なんといっても彼の自伝のタイトルは「 スノーボール 」です。ちなみに僕が今も田舎に住み続けているのは彼の影響が強いです。

12.湯沢合宿

ほぼ毎月1回、2〜3日の間、一人で自然豊かな新潟県の越後湯沢のリゾートマンションに滞在します。本やDVDなどを大量に持ち込んで、徹底的に自分に向かい合っています。

僕にとって大切な「 刃を研ぐ時間 」です。生産的ではなく、もったいないように感じられたりするかもしれませんが、この合宿を終えた後の刃の切れ味は最高です。

17.ライブ・コンサート

僕は、ビジネスで最も大切なことの一つは感性だと思っています。音楽や映画、本、芸術に触れて感性を磨くことはとても大切な自己投資です。

特に僕は10代の頃の感性をとても大切にしていて、あの頃の気持ちを思い出すための仕組みとして定期的にライブやコンサートに行きます。最近も氷室京介さんの東京ドームでの引退ライブに3日間連続行ってきました。

42.ボリュームが最大のリスクヘッジ

投資はある意味で、一定のボリュームを越えるとそれ自体が保険になります。5室所有で2室空室だとキツイですが、10室で2室、50室で2室とボリュームが増えるほどリスクが低下します。

しかし、借入をする場合は、借入額も同時に増えて、そちらのリスクが高まることになるのでバランスが大切です。

46.会社の事業内容は「 リアル桃鉄 」

僕が小学生の頃に好きだったファミコンの「 桃太郎電鉄 」というゲームを数年前、iPhoneアプリで見つけました。日本全国の駅に停まりながら各地の投資物件を購入していくゲームです。

利回り何%などと計算しながら物件を買う順番やセンスを磨ける不動産投資家に超オススメのゲームです。

1ゲーム終わるのに約20時間かかるといわれていますが、僕は1日朝から夜までやって、1日1ゲーム終わったら寝る感じで、夢中になると3日間朝から晩まで外に一歩も出ずに布団の中でやっていました。

そしてしまいには、iPhone版では物足りずニンテンドー3DSを購入し、世界編まで買って、1週間自宅から出なかったこともあります。

物件を買えない時、でも買いたくてどうしようもない時、いつも桃鉄をしていました。3〜4年前の話です。そして、今はゲームではなく、リアルに桃鉄をしているような毎日です。

49.食べログは使わない

自分の直感を磨くこと、自分だけの発見を大切にしたいので、誰かのレビューは参考にしません。アタリでもハズレでも全てが自分の人生で忘れられない思い出になります。食べログを使って行ったお店って記憶に残らなくないですか?

60.従業員の代わりにビルに働いてもらう

24時間365日、晴れの日も雨の日も文句を言わずに働いてくれるビルが、僕にとっての従業員です。僕が会社で従業員を雇わなくなってからもうすぐ10年です。

70.オーディオブック

第2話のコラムの中で、ロバートキヨサキの「 ファイナンシャル・インテリジェンス 」を紹介したところ、何人かの方から「 どこで買えるの? 」という質問をいただきました。

コラム同期の極東船長さんにも「 むかし、物件調査に向かう夜行バスの中で寝ながら何度も聴いたよ。懐かしいなあ 」というメッセージを頂いたりしました。

欲しい人はヤフオク等で探してみてください。5千〜6千円で買えると思いますよ。僕は、今も寝ながら色々なオーディオブックやセミナー音声を聴いています。

73.名刺を持たない

ある時、名刺交換がとても無駄なものに思えました。名刺交換後、しばらくすると誰も覚えていない。それに、大物ほど名刺を持っていない。それから僕は名刺を作っていません。

話してみて、この人とまた会いたい、話したいと思ったら割りばしの袋とかナプキンに電話番号を書いて交換すれば良いと思います。カッコイイ名刺を作る努力よりも、名刺を必要としない自分になる努力に全力を注ぎたいのです。

79.神様がGOなら買えるし、NOなら買えない

不動産投資に限りませんが、全てご縁だと思っています。ご縁がない人、モノをナントカしようとするよりも、ご縁のあった人、モノと濃い付き合いをしたいと思っています。

買付けを書いて買えたものはご縁があったということです。買えなかった場合はその原因を分析し、次に活かすように努めますが、それが終わったらすぐに忘れるようにしています。

87.スケジュールは常に白紙で

どうでもいい予定は入れません。本当に必要な予定だけ入れるようにしています。究極のチャンスがあった時に、どうでもいい先約があったら悔やんでも悔やみきれません。

そしてスケジュールが埋まっていたら、刃を研ぐ時間がなくなります。常に暇であるべきです。

121.自分が惚れた物件しか買わない

立地、価格、利回り、などなど物件購入の基準はありますが、自分だったらこのビル、この店舗でお店をやりたいかどうか、それが僕の最後の判断基準です。

自分ならここで商売したくないなと思う物件は買いません。だからお客様に物件を借りていただく時も100%胸を張って、すすめられます。出口とか転売できそうとか、そんなことは最後の最後に一瞬考える程度です。

122.筋トレ、パーソナルトレーニング

これは、これからの10年を見据えて最近はじめたことですが、健康であるために、そしてエネルギーを高めるために、高いお金を出してパーソナルトレーニングを受けています。

ジムだと人がたくさんいて、僕には向いていません。一人で集中できる環境が心地良いです。1回40分だけですが、トレーニングが終わるとフラフラになって階段を普通に降りられないくらいです。

僕が大学生の頃に新人特訓という、練習後にとても過酷なシゴキがありました。あの頃はお金を払ってでも逃げ出したいと思っていましたが、今は先生にお金を払ってフラフラになりに行っているのですから笑ってしまいます。

いかがでしたか? あまり身構えず、真面目にならず、楽しみながらノートに書き出していくのが良いと思います。まずはノートに字の汚さも大きさも気にせず自由に書き殴ることです。

その後、パソコンなどにまとめるとなお良いと思います。他にも、やりたいこと、行きたいところ、買いたいもの、会いたい人など、色々なことをリストにまとめるのもオススメです。是非やってみてください。

健美家サイト会員登録で最新コラムやニュースをチェック!

健美家不動産投資コラム

プロフィール

■ 広田健太郎(ひろたけんたろう)さん

hirotasan

不動産投資家
マレーシア・ペナン島在住

ツイッター
https://twitter.com/kentarohirota

ブログ
walk on the blue ocean.

■ 経歴

□1975年
群馬県高崎市に生まれる

□1997年
早稲田大学スポーツ科学部卒業(サッカー部所属)

□1998年
シンガポールプロサッカーリーグDIVISION1でプレイ

□1999年
個人事業主として「サファリレコード」創業

□2005年
結婚
父親のすすめで1棟目のビルを購入

□2008年
レコード店を閉め、父親の不動産会社へ入るも2カ月で退社

□2009年
宅建免許取得

□2017年 マレーシア・ペナン島に移住

□2018年
宅建免許返納

■ 所有物件

□2005年
11月:商業ビル購入(4テナント)20%

□2011年
3月:商業ビル購入(3テナント、1住居)売却済

□2012年
7月:商業ビル購入(4テナント、1住居)26%
9月:商業ビル購入(3テナント)28%
9月:中古戸建購入(売却済)

□2013年
3月:商業ビル購入(売却済)
6月:区分マンション購入(売却済)
9月:自宅近くの中古戸建購入
10月:土地購入⇒コインパーキング(23台)
12月:中古戸建店舗購入(売却済)
12月:自宅隣の中古戸建購入

□2014年
3月:商業ビル購入(2テナント) 20%
7月:商業ビル購入(売却済)br /> 10月:商業ビル購入(2テナント)32%

□2015年
3月:中古戸建店舗購入(売却済)
3月:土地購入⇒コインパーキング(35台)
6月:土地購入⇒コインパーキング(5台)
10月:転売用土地購入(売却済)
11月:自宅近くの中古戸建購入

□2016年 4月:店舗購入
5月:牢屋ビル購入(売却済)
8月:店舗購入

□2017年
3月:全空ビル購入
8月:ロードサイド店舗購入
10月:駅近ビジネスホテル隣の店舗購入
10月:上記店舗向かいのビル購入

2018年現在の家賃年収約5,400万円

月に5〜10日、一日に数時間働く狩猟型の生活を満喫している

不動産投資を始めるきっかけや初期の苦労については大家列伝(前編・後編)を参照ください。

ページの
トップへ