• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

10,019アクセス

床の簡単リフォーム。最新のクッションフロアと施工方法

坂田夏水さん_画像 第9話

夏の暑さも落ち着き、秋らしい日が出てくるようになりましたね。皆様、いかがお過ごしでしょうか。

最近、お店でよく聞かれることのひとつに「 床をどうにかしたい 」という声があります。壁に壁紙を貼ったり、色を塗ったり、というDIYはかなり色々なところで取り上げられてきて、DIYに興味のある方のなかでは“定番”のDIYとして認知がすすんでいるようです。

更に、一歩進んだ方が次に目をつけるところが、そう「 床 」なんですね。

壁はお部屋の大きな面を占めているので、一面変えるだけでかなり印象が変わりますよ、というのは以前もご紹介したかと思うのですが、床も同様にお部屋のなかで多くの面積を占める場所といって良いでしょう。

特に、大家さんがお客様にお部屋を見ていただくときは、大抵家具などがなく、がらんとした状態でのお部屋になると思いますから、なおさら床に目がいくことになります。

■両面テープで床を変えられるクッションフロア

簡易的に床を変える際におすすめしたいのがクッションフロア。水にも強い素材ですので住まわれてからのお手入れも簡単。そして何より、かなり安価に手に入り、最近ではデザインも豊富というのがクッションフロアのいいところです。

このようなお話をすると必ず「 床も自分でDIY施工できるものですか? 」というご質問を頂きます。もちろん、お持ちの物件などで完璧な施工を目指すのであればプロにお願いするのがベストです。その場合は専用ののりを使って施工していきます。

ただ、DIYで床材を貼るのは不可能ではありません。床を変えてみたいな、と思う方には是非挑戦してもらいたい部分はあります。というのも、クッションフロアはなんと両面テープで施工ができるんですね。

今では専用のテープも販売されていますので、そういったグッズを使えば結構簡単に施工することができます。

■水に強いから水周りの床にぴったり

さて、では実際にクッションフロアで施工した夏水組の物件をいくつか見ていただきましょう。まず、王道の使い方としては水まわりでの使用。水に強いのでこういった使い方はばっちりです。





こちらは寝室での使用。金額的に本物の木を使えない場合、クッションフロアで雰囲気を出すことも。この2件はどちらとも、DIYワークショップで作った物件なので、プロではない方が施工しているんですよ!



■リビングにおすすめの柄と施工方法

こちらはリビング。ちょっと冒険したいときはモロカンタイル柄なんかを使うと、一気にお部屋のアクセントになります。

( 右物件:Coharu高田馬場 ※写真提供 オシャレオモシロフドウサンメディアひつじ不動産 )

では、実際どうやって貼るのかなと気になるかと思いますので、簡単ではありますが施工方法もご紹介します。( 先ほども書きましたが、これはあくまでもDIYでの簡易的な施工方法ですのでその点のみご了承くださいね )

まず、クッションフロアの幅は大抵1820mmというのが規格サイズです。結構大きな巻きで届きます。カットが大変なので、何部屋もはるのであればもとからm単位でカットしてくれるサービスを利用するのも手です。



床に両面テープを貼っていきます。もし、はがす必要がある場合は両面テープの前にマスキングテープで養生して、その上に両面テープを貼るという方法もあります。床が白いところに貼っているのでわかりくいかもしれませんが、両面テープは“田”の字に貼っていきます。





そして最後にごろごろごろーっと貼っていきます。



継ぎ目の部分は専用のローラーではりつけるとぴったりくっつきます。こういった最後の処理が重要ですね。



かなり簡単なご案内ですが、だいたいの貼り方はこんな感じ。結構簡単ですよね、できそうな気持ちになってきましたか?

■ おすすめ!夏水組デザインのクッションフロア

そしてこの秋、夏水組デザインのクッションフロアがサンゲツさんより2種類発売になりました。どちらも実際に私が物件で施工したい! と思える出来上がりになりましたよ。

ひとつめは古木にステンシルを施した柄。DIYでステンシルしたようなかすれ具合がとても素敵に仕上がりました。是非アンティークの家具なんかとコーディネートしていただきたいですね!



もうひとつはタイルの柄。ポルトガルの伝統的なタイル“アズレージョ”の手描きの味わいを生かしたデザインです。憧れのタイル床を実現できる商品です。


どちらもECサイト「 MATERIAL 」( http://material-interior.com/column/3695 )にて購入可能ですので気になった方は是非ご覧ください。代官山の店舗「 Decor Tokyo 」では実際に施工しているところも見ていただけます。

ちなみにこちらは店頭価格で1,500円( 税抜 )/1m。住宅用のものであれば、今回ご紹介したものも大体同じくらいの価格帯です。ご参考までに。

今回はクッションフロアで作る床についてのご紹介でしたが、いかがでしょうか。気候が良い秋は色々とDIYしたくなる季節。ぜひお持ちの物件でもお試しくださいね。

それではまた。次回のコラムでお会いしましょう!

健美家サイト会員登録で最新コラムやニュースをチェック!

健美家不動産投資コラム

プロフィール

■ 坂田夏水(さかたなつみ)さん

夏水さん

公式HP:夏水組
ネットショップ:MATERIAL

株式会社夏水組 代表
不動産投資家

□ 経歴

1980年生まれ

2004年
武蔵野美術大学造形学部建築学科卒業。
アトリエ系設計事務所、工務店、不動産会社勤務

2008年
夏水組設立

内装デザインのみならず不動産企画やコンサルティング業務、DIY商品企画、雑貨店GONGRIや飲食店LEMONNEのプロデュース等、女性特有のデザインが注目を 集めている。

□ 主な著書

『夏水組の パリ 風手作りインテリア』
(KADOKAWAメディアファクトリー)

夏水さん

『夏水組インテリア・コレクション』
(けやき出版)

夏水さん

『夏水組の「家デコ」レシピ』
(学研パブリッシング)

夏水さん

『リフォーム&インテリア アイディアBOOK』(KADOKAWAメディアファクトリー)

夏水さん

ページの
トップへ