• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

7,321アクセス

人生の軸を会社から自分へシフトしようー会社の寿命が短くなる時代の働き方と不動産投資ー

西野浩樹_画像 西野浩樹 第8話

2019/4/17 掲載

みなさん、こんにちは。波乗りニーノこと西野浩樹です。やっと、繁忙期が終わりましたね。

僕自身は、2棟の新築20室をギリギリに完成させて、17室まで埋めるところまできました。中古アパートの6部屋あった空室も残り2部屋なので、あと5室、満室目指して取り組んでいこうと思います。

さて、新年号が令和に決まりました。30年と113日をもって平成が終わります。平成が始まったのが1989年。バブルとともに幕を開けました。僕が16才のときです。そして、1991年、平成3年にバブルが崩壊して、焼け野原の中で就職活動が始まりました。

僕の社会人生活は、「 失われた20年 」と呼ばれる長い不況と重なります。多くの企業がデフレと低成長と戦い続けた結果、団塊ジュニアの僕ら世代以降は実質的賃金の上昇は望めず、超長時間労働を余儀なくされました。

その結果、非正規雇用が増え、晩婚・未婚は加速しました。大多数の団塊ジュニア世代のヤリキレナイ抑圧エネルギーは、まともに向き合うと鬱や精神疾患を招きかねないほどです。しかし、その中で不動産投資を始めた人たちも一定数、存在しました。

( 最近のセミリタイア組とのゴルフやセミナー、懇親会...

この記事は会員限定です。ユーザ会員登録すると続きをお読みいただけます。

プロフィール

■ 西野浩樹さん(波乗りニーノ)



不動産投資家、ファイナンシャルプランナー
滋賀県彦根市在住
妻と息子二人の4人家族

大家列伝⇒前後編
西野さんのblog
Facebook西野浩樹

■西野浩樹さんのプロフィール

□1973年
石川県金沢市に誕生

流通系会社で労働組合の書記長として、組合員たちの相談に乗る中で、お金の知識の必要性を感じ、ファイナンシャルプランナーの資格を取得

□2007年
社宅について調査する中で、富山市の土地値の安さと家賃の高さの歪みに気づき、富山市内で不動産投資をスタート
その後、新築を中心に物件を買い進める

□2017年
長年勤めた流通系の企業をセミリタイア
家賃収入は約4,400万円、全体の返済比率は約45%

■所有物件

□2007年
富山市内にアパートを新築(7室)売却済み


□2008年
富山市内にアパートを新築(6室)


□2009年
富山市内に借家を新築(2棟)


□2010年
富山市内に借家を新築(2棟)


□2011年
中古戸建購入

□2014年
富山市内にアパートを新築(8室)


□2016年
彦根市内に中古アパート購入(8室)

□2017年
富山市内にアパ―トを新築(10室)


彦根市内に中古アパートを購入(8室)

彦根市内にアパートを新築(8室)


彦根市内に中古戸建購入

□2018年
彦根市内のアパートが完成予定(8室)





ページの
トップへ