• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

8,688アクセス

3STEPで考える「セミリタイア」に必要なキャッシュフローの求め方

西野浩樹_画像 西野浩樹 第9話

2019/5/17 掲載

みなさん、こんにちは!波乗りニーノこと西野浩樹です。

今回は、セミリタイアするために必要なお金がテーマです。会社を辞めたら、10連休どころか365連休です。お金から自由になって、自分が理想と思っている日常を創るためにはいくら必要なのでしょうか?

不動産投資のセミナー後の質問で一番多いのが、「 セミリタイアするためには毎月いくら必要ですか? 」というものです。

大卒の生涯賃金が3億円くらいと言われていますから、定年の年齢まではそれくらいの収入を得るのが一つの基準になると考えることもできますね。( 年金の違い等があるので一概にはいえませんが )

未来は何が起こるかわからないから、リスクに備えるべき。年金ももらえないかもしれないし・・・。慎重な人ならそう考えるかもしれません。でも、10億円はいらなさそうです。

質問者の年齢や家族構成・住宅ローンや支出( 現状分析 )となりたい理想の生活( 目的 )が分からない中、安易には答えられませんが、まずは「自分の給与収入を不動産投資によってつくり出すこと」が最低限の目標になると思います。

その時のキャッシュフローについては、必ず家計全体・1年単位で考えることがポイントになります。



毎月が赤字でもボーナス( 一時金 )で補填している家計や、毎月ギリギリにしてボーナスを全部貯金している家庭、共稼ぎでも足りなくて借金している家計など様々です。1ヶ月単位では全体を見渡せないため、必ず1年単位・家計全体で考えましょう。

■ 第1ステップ:1年間の支出<不動産からのキャッシュフロー

お金持ちの定義といっても、いろいろな考え方があると思います。僕が考える不動産投資家のお金持ちとは、「 1年間の支出<不動産からのキャッシュフローが満たされ続けることができる状態 」だと考えます。

その大前提となるのが1年間の支出をクリアにすることです。もちろん、今年や来年だけでなく、5年後、10年後という風に、この先の人生においていくら支出があるかを予測していきます。

そのために役立つのがライフプラン表です。下の表は、僕が10年くらい前に作ったライフプラン表です。これをもっと先まで作って、”家計の見える化”をします。



この支出を不動産投資からのキャッシュフローで満たし続けることができれば、サラリーマンを卒業したとしても、生活は成り立つことになります。

■ 第2ステップ:幸福を感じられる生活費<不動産からのキャッシュフロー

アメリカや日本の大学で行われている研究結果によれば、おひとり様なら年収800万円、ファミリーの場合は1,600万円を超えると、幸福感はそれ以降ほとんど変わらないというデータがあるそうです。

そう考えると、独身の方なら不動産投資によるキャッシュフローが年間800万円、( 月々70万円くらい )、家族なら年間1,600万円、( 月々130万円くらい )というのを一つの目安にするのもアリかもしれませんね。

会社からの給料がなくなるのですから、キャッシュフローは固いものである必要があります。そのためには、例えばより土地の価値の高いバランスシート( 貸借対照表 )を意識した不動産に資産を入れ替えたり、不動産以外の無形資産を積み上げたりすることも良いかもしれません。

具体的にいうと、物件の場所を郊外から駅近にしたり、地方から都会の物件に変えたり、ワンルーム中心からファミリー中心( 1室あたりの部屋面積を増やす )にしたり、築古物件から新築物件に変えたり( 自分の物件の平均築年数を意識 )すると良いと思います。

僕自身は、セミリタイアする前に、不動産以外のキャッシュフローや影響力をつけたくて、ファイナンシャルプランナーの資格を取得しました。サラリーマン時代から講演やブログを始めたことで、セミリタイア後もセミナーに呼んでもらう機会が増え、たくさんの仲間もできました。

人によっては、多くのキャッシュフローを創るために挑戦し続ける人生が楽しいかもしれません。いずれにしろ、この先は個人の価値観なので、物質的欲求ではなくて精神的欲求を満たすためのステップになると思います。



■ 第3ステップ:不動産のキャッシュフロー<社会的に意義ある価値を創造する活動

ここからはお金とは少し違う話です。僕は、最終的に自分の人生という時間を使って自己実現を果たすことを目的にしています。そしてわかったのは、自分のためだけに生きている間は、自己実現は果たせないということです。

マズローの欲求5段階説の1番上の「 自己実現 」を達成するためには、その上の自己超越の領域である、「 使命に向かう活動をすること 」が必要となるからです。

僕はもともと、不動産投資は自分が幸せになるために始めました。しかし、自己実現を果たすには、他者のために、どのような価値を創造できるか? を考えて、社会的に意義ある価値を創造していかなければいけません。

僕には二人の息子がいますが、不動産投資のおかげで、お金の心配をすることなく、この先の人生を歩んで行けそうです。( マイホームも車も中古ですがそれで十分です・笑 )

この頃、自分の社会的ミッションについてよく考えています。最近は、生きている間に達成できるミッションより、生きている間に達成できないかもしれない壮大なミッションに魅力を感じています。

息子たちの代に、よりよい社会を残していくためにも、自分自身の生きがいの為にも、これからもいろいろな価値を創造していきたいと思っています。


楽しく社会勉強中のGWの息子です

■セミナーのお知らせ

☆7月20日( 土 )、全国行脚中のふんどし王子と愛知県でセミナーをします。
詳細・申し込みはコチラ

健美家サイト会員登録で最新コラムやニュースをチェック!

プロフィール

■ 西野浩樹さん(波乗りニーノ)



不動産投資家、ファイナンシャルプランナー
滋賀県彦根市在住
妻と息子二人の4人家族

大家列伝⇒前後編
西野さんのblog
Facebook西野浩樹

■西野浩樹さんのプロフィール

□1973年
石川県金沢市に誕生

流通系会社で労働組合の書記長として、組合員たちの相談に乗る中で、お金の知識の必要性を感じ、ファイナンシャルプランナーの資格を取得

□2007年
社宅について調査する中で、富山市の土地値の安さと家賃の高さの歪みに気づき、富山市内で不動産投資をスタート
その後、新築を中心に物件を買い進める

□2017年
長年勤めた流通系の企業をセミリタイア
家賃収入は約4,400万円、全体の返済比率は約45%

■所有物件

□2007年
富山市内にアパートを新築(7室)売却済み


□2008年
富山市内にアパートを新築(6室)


□2009年
富山市内に借家を新築(2棟)


□2010年
富山市内に借家を新築(2棟)


□2011年
中古戸建購入

□2014年
富山市内にアパートを新築(8室)


□2016年
彦根市内に中古アパート購入(8室)

□2017年
富山市内にアパ―トを新築(10室)


彦根市内に中古アパートを購入(8室)

彦根市内にアパートを新築(8室)


彦根市内に中古戸建購入

□2018年
彦根市内のアパートが完成予定(8室)





ページの
トップへ