• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

7,772アクセス

買えない時期に改めて考えたい。自分にとって資産価値の高い物件とは?

徳田文彦さん_画像 徳田文彦さん 第41話

2016/9/27 掲載

■ 「 資産価値が高い物件 」とは何を指すのか?

私は、投資物件を買うからには、少しでも資産価値の高い物件を買いたいと思っています。恐らく、ほとんどの投資家の方が同じ気持ちでしょう。

ただ、投資物件の資産価値といっても、色々な尺度があると思います。私自身は、「 長期的に見て値下がりリスクが低い物件 」が資産価値の高い物件であると捉えています。

どういうことか、少し説明させてください。投資物件には大きく分けて二種類あります。

1、都心部で立地は良いが、表面利回りはそこまで高くない物件
2、地方や郊外で立地は今一つ(物件の築年も古いことが多い)だけれど、表面利回りが高い物件


どちらのタイプが「 資産価値 」が高いかといえば、意見は分かれるところでしょう。得られるキャッシュフローが多く見込める物件( ≒表面利回り )が資産価値が高い、という見方もありますし、将来的な出口、つまり売却時の利益( もしくは損失の少なさ )が見込みやすい物件がそうだという見方もあるでしょう。

私自身はというと、「『 資産価値が高い物件 』というのは、その人のステージによって異なる 」という意見を持っています。

例えば、地方の高利回...

この記事は会員限定です。
会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

健美家会員のメリット

  1. 会員限定物件や非公開物件情報が見れる
  2. 最新のコラムニュース情報がメールで受け取れる

プロフィール

■ 徳田文彦さん

徳田文彦さん

東京在住

□不動産投資家
□企業向け戦略コンサルティング

■ 経歴

□1974年生まれ

□1999年
慶應義塾大学卒業後、同大学院修了

□2006年
大手広告会社に勤務しながら不動産投資を開始

多忙な合間を縫って効率的な不動産投資方法を追及した結果、エリアを厳選して高い入居率を見込める物件を購入し、 入居者募集や管理業務を徹底して効率化する投資手法に到達する

□2013年
サラリーマンをセミリタイア

□2014年
サラリーマン卒業後は、企業への戦略コンサルティング業務に従事

■ 著書

徳田さん本
5年で引退できるセオリー破りの不動産投資(ぱる出版)

ページの
トップへ