• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

10,015アクセス

ボロ物件投資とセミリタイアの相性

脇田雄太さん_画像 第132話

今回のコラムは、「 不動産投資でリタイアする 」ということについて私の考えをお伝えしたいと思います。

いつものボロ物件投資に関するノウハウ的なお話ではありませんが、特にリタイアもしくはセミリタイアをお考えの方に参考にしていただければと思います。

■ 「 リタイア 」ってどういう意味?

「 脇田さんは何年前にリタイアされたんですか? 」という質問をいただくことがよくあります。そういうときは決まって、「 会社を退職したのは数年前ですが、リタイアしたことはないですよ 」とお答えしています。

「 リタイア( セミリタイア ) 」という言葉には、「 朝から晩まで仕事も何もせず、誰の役に立つこともなく、非生産的な時間を過ごす 」というようなマイナス方向のイメージがあると思いこんでいたので、このような受け答えになっていたのです。

しかし、人によって「 リタイア 」という言葉の定義が違うことに最近、気づきました。リタイアという言葉は人によって下記どちらの意味もあるんですね。

・会社を退職するが、不動産投資( または別のやりたいこと )は続けていく
・会社を退職するし仕事もせずに遊んで暮らす


■ リタイアしても仕事は続けた方が良い

不動産投資を続けていくと、「 本業より不動産投資の方がやりがいを感じられる 」とか、「 もっと様々な勉強や経験をするために不動産に専念していきたい 」と感じることがあると思います。

また、時間が経過すると、本業からの収入を賃料収入が上回ってくるタイミングも来ます。そうしたときに、本業のサラリーマンを退職して、不動産に専念していこうと考えるのは自然なことでしょう。

家族構成や住んでいる場所などにもよりますが、タイミングとしては、本業の手取り収入を、不動産投資による手取収入が超えたら退職を検討しても良いのではないか?と思います。

( ただし、脇田の実践しているような、現金買いの木造ボロ物件投資の場合です。フルローンの一棟RCマンション等ではまた話が違ってきます )。

人間、誰かの役に立ってこそ、やりがいや生きがいがあるというものです。私はボロ物件投資は、今の日本で社会問題化している空き家問題解決の一翼を担える価値のある仕事だと思っています。

また、脇田が不動産投資をしている長崎では、戸建て賃貸が足りないため、貸家を提供すると非常に喜ばれます。ですから、私自身もこの仕事にやりがいを感じています。

■ リタイアとボロ物件投資の相性

よく、「 勤め先を退職すると金融機関から融資を受けられなくなるから会社を辞められない 」という方がいます。

しかし、融資を受けることが人生の目的ではないはずです。ですから、融資の受けやすさを理由に、自分の働き方や時間の使い方を制限してしまうのはどうなの? と感じることも事実です。

大きなお世話かもしれませんが、融資にこだわらなくても、現金投資で早期回収ができるボロ物件投資という選択肢を検討してみれば良いのに・・・と思ってしまいます。

( 私もそうですが、最初に融資を使って大きな物件を買ったら、そのあとはそこからのキャッシュフローで現金買いしていくという手法なら借金のリスクも抑えられます )。

サラリーマンの仕事を続けるなら、「 この仕事が好きだから、続ける 」「 サラリーマンの働き方が自分に向いているから続けたい 」というように、前向きな気持ちで続ける方が心身のためです。

■ 一国一城の主

「 マイホームを購入すること 」を「 一国一城の主になる 」と例えることがあります。勤め先を退職して不動産投資に専念することもある意味、一国一城の主になることだと思います。

殿様である自分の考えや方針が、国内の隅々にまで行き渡り徹底される。自分の国であり、城なのですから、何をしても自由なのです。ただし、賢明な殿様は国民を虐げる暴君にはなりません。

また、自分の国や城は小さく範囲が限定され、権限や財源も限られていますから、当然、現実的には何をしても構わないということにもなりません。

不動産投資でいうところの売買仲介さんや賃貸仲介さん・売主様・入居者様等とコミュニケーションし、ウインウインの関係性を追求していく必要があります。

いわば、他国の利益も考えながら、自国の利益も追及していくという外交的な交渉能力と経営センスが必要になってきます。

リタイアするということは、経営者的なセンスを試される、ある意味で戦国時代の武将のような生き方を選択するということだと思うのです。

健美家サイト会員登録で最新コラムやニュースをチェック!

健美家不動産投資コラム

プロフィール

■ 脇田雄太さん

健美家ニュース編集部
脇田さんのブログ

安定資産構築の「脇田雄太事務所」代表

専業大家

【 経歴 】

1977年生まれ。大阪府出身。
立命館大学 政策科学部卒業(2001年)。
在学中、通商産業省(現:経済産業省)、日本アイ・ビー・エム株式会社にてインターン後、新卒でリクルートグループ入社。
在職中、大阪府下に中古マンション1棟を購入したのを皮切りに合計7棟32室の投資用物件を取得し独立。
2009年から「脇田雄太事務所」代表として活動中。

『賃貸住宅フェア』『健美家セミナー』など、セミナー実績多数。毎日新聞・日経新聞(電子版)・雑誌等メディアへの登場も。

【 脇田さんの物件一覧 】

  • 1棟目
    大阪府の一棟売りマンション
    フルローンにより購入
  • 2棟目
    京都府の戸建賃貸
    現金購入
  • 3棟目
    長崎県の戸建賃貸
    現金購入
  • 4棟目
    長崎県の一棟売りアパート
    現金購入
  • 5棟目
    長崎県の一棟売りアパート
    現金購入
  • 6棟目
    長崎県の区分所有マンション
    現金購入

    現在も激安物件を中心に物件を増やしている。

    脇田さんの保有物件その1
    脇田さんの保有物件その2
    脇田さんの保有物件その3


【 脇田さんの著書 】



人生を切り開く「1億円」投資思考


前代未聞!? 30万円以下で不動産投資を始めて小金持ちになろう!


リスクと闘う不動産投資

【 DVD&MP3好評発売中 】


【 感銘を受けたこの2冊 】

ページの
トップへ