• 完全無料の健美家の売却査定で、できるだけ速く・高く売却

×

  • 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集

築19年でも家賃下落率0%!長期的に魅力が続く賃貸住宅の作り方【建築家が建てる賃貸住宅 平野智司氏】

収益物件購入・売却/建築家の賃貸住宅 ニュース

2021/01/08 配信

築1年で家賃が3〜5%落ちることもあるなか、19年経っても家賃下落率0%の人気物件がある。手掛けているのは、日本最大級の建築家ネットワーク アーキテクツ・スタジオ・ジャパン株式会社(ASJ)に所属する、建築家の平野智司氏である。時代が変わっても多くの人を魅了する賃貸住宅を建てるポイントを取材した。

COCK TAIL-D1
平野氏が設計を担当した横浜市の賃貸住宅。2002年竣工、家賃下落率0%。ワンルーム27戸

ワンルームでも差別化は可能!
スタジオのような内装で独自の世界観を

平野氏は建築家として、個人住宅から施設建設、賃貸住宅などを手掛けている。担当した賃貸住宅は60棟を超え、築19〜20年経っても家賃下落率0%で、90%以上の入居率を誇っている物件もある。たとえば上の写真は、横浜市の最寄り駅から徒歩8分の立地にあるワンルームが27戸のRC5階建て賃貸住宅である。

2002年の竣工から19年経つが、その人気は劣らない。スタジオのようなコンクリートむき出しの内装が特徴的である。ほかにも千葉市に2001年に竣工した賃貸住宅が、築20年経つが家賃の下落率0%となっている。

COCK TAIL-D4
平野氏が手掛けた横浜の賃貸住宅、ワンルームの室内。
...

この記事は会員限定です。
会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

健美家会員のメリット

  1. 会員限定物件や非公開物件情報が見れる
  2. 最新のコラムニュース情報がメールで受け取れる

アクセスランキング

  • 今日
  • 週間
  • 月間

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

最新の不動産投資ニュース

ページの
トップへ