• 完全無料の健美家の売却査定で、できるだけ速く・高く売却

×

  • 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集

駅徒歩18分でも相場家賃の15〜20%UPで満室続き。「突撃!隣のスゴイ家」歴代1位の家を手掛けた建築家とつくる賃貸住宅

収益物件購入・売却/建築家の賃貸住宅 ニュース

2022/05/15 配信

大学が多く、学生の街としても親しまれている中野区江古田。西武新宿線沼袋駅から徒歩18分でも満室が続いている賃貸住宅がある。

手掛けているのは、テレビ番組「突撃!隣のスゴイ家」(BSテレ東)で、歴代1位となった小金井の家を作った建築家で、インターセクト一級建築士事務所 代表取締役社長の横川 大昭氏だ。人気がつづく賃貸住宅のつくり方を取材した。

1
沼袋から駅徒歩18分、U字型がユニークな2棟の賃貸住宅。南側からの景観。周辺では採光性を重視した南向きの賃貸住宅が多いなかで、斬新なデザインで目を引く

女性が求める住まいのデザインのトレンドは、
かっちり作りこんだ「上質さ、高級感、邸宅感のある佇まい」

個人住宅や賃貸住宅、ショッピングセンターの設計から、分譲マンションのデザイン監修などに携わってきた横川氏。20年以上にわたり、大手ディベロッパーの依頼でマンションのデザイン監修を行うなかで賃貸住宅の設計にも通じる住まいのトレンドを知るようになった。

「分譲マンションのトレンドから、賃貸住宅にもマネできるようなところがあると感じています。最近では特にコロナの影響もあり、部屋数を求める動きが顕著です。自宅で過ごすのが長くなっていることから、衛生面(ゴミの管理や共用部の状態)を気にする人も増えています」

衛生面の高まりから、エアコン1つとっても、除菌ができるエアコンを求める動きがある。また、これまでは単身男性をターゲットにしたマンションが多かったものの、昨今では単身女性を意識したマンションも増えてきている。特筆すべきは、女性の好みが変わってきていることである。

「女性を意識したデザインというと、以前は明るく可愛らしいデザインが好まれたものの、昨今のトレンドは、かっちり作りこんだ上質さ、高級感、邸宅感のある住まいのデザインが求められるようになってきました。色味1つとっても同様です。この点は賃貸住宅の大家さんも少し意識してもいいかもしれません」

よく似た賃貸住宅が多いなかで、デザインで差別化。
若い女性に人気のデザインで、家賃15〜20%アップ!

横川氏が手掛けた賃貸住宅のなかでも、特に参考にしたいのが、冒頭に挙げた沼袋の事例である。RCのような高級感があるデザインながら、木造でイニシャルコストを抑えている。

駅から徒歩18分のバス路線の立地で周辺に大学が多いものの、学生向けの賃貸住宅も多く、競争が激しい。そうしたなかでも、家賃は相場の15〜20%増しでも満室が続いている。

「こだわったのは南側の道路からの景観です。賃貸住宅では採光性のために南向きのものを作るのが一般的ですが、道路沿いに、同じような南向きの賃貸住宅が多いことから、ほかと違うデザインで差別化する必要がありました。

そのためU字型の外観で、南側の採光を捨てて、真ん中に通路を確保することで、必要な避難経路を確保。東や西にプライベート空間を確保し、1階には専用庭を設けました。外観のインパクトが特に若い女性に人気で、満室が続いています」

1階に専用庭、 2階には独立感のあるバルコニーを設け、各住戸が壁1つで接しないような設計にしたことで、安心感やプライベート感が持てる住環境が実現し、若い女性からの人気が得られたようだ。ちなみに女性専用ではなく、男性の入居も可能である。

3
2階の各リビングはプライベートテラスに続く設計に。テラスはあえてパネルで仕切らず、見通しをよくしたことで、開放感のある空間に
2
1階に1Kと1Rが12戸、2階に1LDKが8戸の計20戸入る間取り。屋根裏を有効利用したロフトのある住戸やバルコニーのある開放的な住戸など様々なニーズに対応。住戸間にバルコニーや水周りなどを配置することで遮音性も考慮
5
トレンドを意識したシンプルモダンな内装も好評

「この賃貸住宅の場合、もっと戸数を増やすこともできましたが、あえてそうせず空間にゆとりを持たせることで家賃UPにつなげています。高さを活かせる立地ならばRCの利点も活かせますが、2〜3階の共同住宅ならコスト的に木造を選ぶのがいいでしょう。木造でも魅力ある賃貸住宅を作ることはいくらでもできます」

このほかにも家賃を高く設定できた事例に、店舗付き賃貸住宅がある。こちらはRC造だが、1階はオーナーが運営する美容院で、2階以上が賃貸住宅となっている。

5
1階が美容院の賃貸住宅。商店街の新たなランドマークを意識したデザインで印象付けた

「1階はオーナーさんの希望するデザインで店舗設計をして、それをもとに1棟、クラシカルなイメージのデザインに統一しました。駅徒歩1〜2分の商店街で競争力が高い立地でしたが、家賃は相場の2〜3割高く設定できました」

066
横川 大昭氏。東京工業大学建築学科卒業後、株式会社 類設計室にて、集合住宅、老人ホーム等の公共性の高い建築設計業務を行う。その後、デザインビルド会社にてクラブハウス、学校、住宅等の設計・施工業務に携わる。2000 年、株式会社 インターセクト一級建築士事務所を設立し、主に、戸建てや共同住宅、他にも大規模な集合住宅・商業施設等のデザイン監修、基本設計などに携わる

最後に、賃貸住宅の大家や投資家である建築家読者にアドバイスを。

「賃貸住宅のプラニングで重要なことは、やはり短期決戦ではなく、20〜30年先も競争に勝てるような長期決戦を意識することでしょう。そのためにお金をかけるところとかけないところを見極めることが重要です」

●取材協力:アーキテクツ・スタジオ・ジャパン株式会社(ASJ)
約3000人が登録する日本最大級の建築家ネットワーク。全国各地のスタジオや定期的に開催するイベントで、さまざまな建築家と出逢い、話し合える場所を提供している。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

健美家編集部(協力:高橋洋子(たかはしようこ))

高橋洋子

https://yo-coo.wixsite.com/home

■ 主な経歴

暮らしのジャーナリスト。ファイナンシャルプランナー。
大学卒業後、情報誌などの編集を経てライターに。価値0円と査定された空き家をリノベーションし、安くマイホームを購入した経験から、おトクなマネー情報の研究に目覚め、FP資格を取得。住宅、マネー関連の執筆活動を行う。

■ 主な著書

  • 『家を買う前に考えたい! リノベーション』(すばる舎)
  • 『100万円からの空き家投資術』(WAVE出版)
  • 『最新保険業界の動向とカラクリがよ〜くわかる本』(秀和システム)など

※ 記事の内容は執筆時点での情報を基にしています。投資等のご判断は各個人の責任でお願いします。

アクセスランキング

  • 今日
  • 週間
  • 月間

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

最新の不動産投資ニュース

ページの
トップへ