• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

5,855アクセス

利回り27%。土地所有権が付いているように見えるが全部付いていない?非常に難解な持分物件

収益物件購入・売却/競売 ニュース

2018/07/26 配信

定期的に競売セミナーを開催し、日々、競売の相談を受けているドクターKである。

私の知り合いであるYさんが、「競売」で取得した難解な持分物件を紹介する。

「持分物件」とは、建物や土地の所有権が100%なく、一部しか所有していない物件のことである。このような持分物件は、通常よりも非常に資産価値が低くなり、売却できない可能性がある。

今回、紹介する物件は持分物件の中でも難しい物件であり、プロの不動産業者も嫌がる物件である。

しかし、競落した本人は、不動産業者とは一切関係ない一般のサラリーマンであり、本人の粘り強い交渉の結果、利回り27%を叩き出した高利回りの物件である。

正直、あまりお勧めできる物件ではないが、このような不動産投資の物件もあることを知って頂ければ、幸いである。

1.物件概要

物件は北関東の戸建であり、建物は持分100%である。しかし、土地が一部持分のみであり、非常に複雑な物件である。

物件の外観と間取りは以下の通りである。建物は築20年であり、賃貸なら十分利用できる物件である。建物の延床面積は、76uであり、この広さなら、4人家族でも十分に住むことは可能であり、賃貸なら問題はない。

スクリーンショット 2018-07-25 22.12.38

スクリーンショット 2018-07-25 22.12.52

次に難解で

...

この記事は会員限定です。
会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

健美家会員のメリット

  1. 会員限定物件や非公開物件情報が見れる
  2. 最新のコラムニュース情報がメールで受け取れる

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

最新の不動産投資ニュース

ページの
トップへ