• 完全無料の健美家の売却査定で、できるだけ速く・高く売却

×

  • 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集

家主も知識を入れるべし! 犯罪がらみの転貸借が急増中!【太田垣章子のトラブル解決!】

賃貸経営/トラブル ニュース

2022/02/17 配信

最近の家賃滞納案件で、『特に多くなった』と感じるのは、名板貸しだ。要は転貸の案件。契約者と入居者が違うというケースである。この転貸になっている状態には、何パターンかある。居住用で代表的なものは、次のふたつだろう。

影武者入稿よう

1 最初からB名義で借りてAが住む
2 Aが契約者でAが住んでいたが、途中からBが加わりAが出て行った

外国人に多いの2のパターン。1は犯罪系が多い。犯罪系は他のトラブルに発展する可能性も高く、物件の価値を守るためにもなんとしても避けたい事案だ。

そもそも転貸は、家主側にとってなぜ厄介なのか。

例えば入居者Aが滞納を始めたとする。家主側は最終的には、入居者Aを相手に明渡訴訟を提起し、勝訴判決をもらってAに対して強制執行をする。Aは部屋に入ることもできなくなり、家主側は新たな入居者に部屋を貸すことで、収益を改善化することができる。

ところがAに対して起した訴訟に対する判決は、Aに退去しろというもので、A以外の者を退去させることができない。それが勝手に占有している者であってもだ。

そのため訴訟を提起するときには、誰を相手方にするのかというポイントが重要になってくる。契約者がAであっても、いま部

...

この記事は会員限定です。
会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

健美家会員のメリット

  1. 会員限定物件や非公開物件情報が見れる
  2. 最新のコラムニュース情報がメールで受け取れる

※ 記事の内容は執筆時点での情報を基にしています。投資等のご判断は各個人の責任でお願いします。

アクセスランキング

  • 今日
  • 週間
  • 月間

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

最新の不動産投資ニュース

ページの
トップへ