• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

3,066アクセス

空室リスクの解消になる? 賃貸物件の初期費用や家賃のキャッシュレス決済への対応が加速中!

賃貸経営/商品・サービス ニュース

2020/08/01 配信

賃貸物件の初期費用や家賃の支払いといえば、口座への振り込みや引き落とし、あるいは手渡しなど、現金によるやり取りがメイン。物件オーナーと入居者の双方が、「昔からそうだから」という認識ではないだろうか。ところが、この領域にも徐々にキャッシュレス決済の波が迫っていることも事実だ。とりわけ、入居者のメリットは多分にあり、部屋選びの基準になりつつある。ここでは現状に迫ろう。

これまで、現金払いがスタンダードだった、賃貸物件の初期費用・家賃。ところが、ここ数年でキャッシュレス決済に対応するケースが増えている。その背景と事例を見ていこう。
これまで、現金払いがスタンダードだった、賃貸物件の初期費用・家賃。ところが、ここ数年でキャッシュレス決済に対応するケースが増えている。その背景と事例を見ていこう。

賃貸物件の家賃や初期費用の支払いに
キャッシュレス決済が浸透しつつある?

少し古いデータになるが、2018年9月に発行された「NIRA総研 キャッシュレス決済実態調査」によると、家賃・管理費を口座からの自動引き落としにしている割合は全体の49.2%でトップ、次いで現金は24.9%、クレジットカード(クレカ)払いは11.7%という結果だった。電気代(44.2%)やガス代(39.3%)に比べると、少ない割合だとわかる。

背景には、日本人の根強い現金主義もあるが、決済手段より立

...

この記事は会員限定です。ユーザ会員登録すると続きをお読みいただけます。

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

ページの
トップへ