• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

2,378アクセス

【ルポ】「通り庭」でレンタブル比アップ。投資家にも入居者にもうれしい理由

賃貸経営/空室対策 ニュース

2017/04/03 配信

●住戸内に「通り庭」を作ることでプライバシーが保たれる

京王線の各駅停車しか止まらない駅「上北沢」。駅前にはスーパーなど一通りの店はあるものの、繁華とは言い難い街である。その駅から歩いて7分。首都高速の下を潜った先にある住宅街の中に、全27戸の賃貸住宅「TAS上北沢レジデンス」が誕生した。

木の外観
駅から歩いてくると、木が貼られている外観が目に入る。物件名は「TAS上北沢レジデンス」

物件名

印象的な建物外観は、周囲の目を引く。駅の人気度、通勤、通学の利便性にはやや欠けており、入居者を惹きつけるためには何かしらの工夫が必要と思われる。この物件の場合にも様々な点で工夫が凝らされているのだが、まず、もっとも特徴的なのは、その住戸内に作られた「通り庭」ともいうべきスペースだろう。

通り庭的空間
住戸の玄関を開けると広がっているのが赤いタイルの通り庭的空間。広い玄関と言っても良い。バルコニーと繋がり、そのバルコニーの先は抜けた空間になっており、住宅密集地にも関わらず、プライバシーに配慮がある

「通り庭」とは京都の町家に見られる表から裏口まで続く土間のことで、間口の狭い、奥行きのある京都の家に風を通し、光を呼び込むもの。この物件ではそ

...

この記事は会員限定です。
会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

健美家会員のメリット

  1. 会員限定物件や非公開物件情報が見れる
  2. 最新のコラムニュース情報がメールで受け取れる

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

ページの
トップへ