• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

2,212アクセス

【ルポ】家賃相場より1万円高、強気の理由は?土間、ベンチ付き物件

賃貸経営/空室対策 ニュース

土間、ベンチ付きという変わった新築賃貸物件が登場した。しかも、7月という賃貸としてはオフシーズンの登場ながら、賃料は相場より1万円以上高めと強気である。その理由を見ようと現地を見学してきた。パンカフォッサという不思議な名称の物件である。

●1部屋がまるまる土間という部屋も

外観
中央に見えるコンクリート打ちっ放しの建物がパンカフォッサ。善福寺川との間には細い遊歩道があるだけ。対岸には1本だけ桜が

物件が立地するのは中央線・東京メトロ丸の内線荻窪駅から徒歩6分。善福寺川に面した場所。鉄筋コンクリート造の5階建てで、建物中央にエレベーター、階段があり、廊下を挟んで1フロアに2戸、全戸が三方角部屋になるように配されている。総戸数は10戸。

土間が一部屋あるタイプ
これが一部屋分がまるまる土間になっているタイプ

間取りは30u〜のワンルーム+土間から1LDK+ロフトとなっており、面白いのは1階と最上階、5階。まず、1階の2室には土間が作られている。そのうち、101号室は居室8.8畳に土間が6畳。一部屋はまるまる土間なのである。

土間
6畳の土間。窓の向こうは公道となっており、窓から自転車を室内に入れることもできる

1階はペット可、自転車可となっており、土間をペットや自転車のためのスペースにできるわけだ。汚れても気にならないから、アウトドアグッズを置く、絵を描いたり、モノを作るスペースとするなど、使い方は住む人次第。

最近はこうした、好きに使える、余白のような空間のある物件が受けており、入居者の嗜好を意識した企画というわけだ。

●川沿い立地を生かして窓辺にベンチ

ベンチ
窓辺のベンチは下部が収納になっている

2階以上の部屋には窓辺にベンチが設置されている。座ると川の流れが望めるように設えられており、2階以上なら、対岸の、ここだけに1本ある桜で室内にいながらにして花見が楽しめる。

洗面所
洗面所が窓際に設けられており、サンルーム的に使える。目隠しにはブラインドが用意されている

もうひとつの工夫は洗面所などの水回りが川に向かって配されていること。この物件にはバルコニーがないのだが、洗面所部分がサンルーム的に使え、そのマイナスを補う形になっているのである。

もちろん、対岸からの視線が気になる人もいるだろうが、そのためにブラインドも用意されている。洗濯物が干せるようにもなっている。

●扉のない収納がお得なワケ

ロフト
6畳大と広めのロフト。壁際に見える白いバーは梯子をかけるためのもの

最上階の2部屋には6畳のロフトが付いている。その分、居室の天井は高く、開放的。ロフト部分の天井高はそれほどないが、広さがあるので、十分生活空間としても使える。

一部は棚に使えるようになっていたり、それを利用するために梯子をかけるフックが複数用意されているなど、工夫も多い。

収納
右側が収納。サイズは部屋によって異なる。正面に見えているのは薄型の下駄箱

専有面積を広くするための工夫のひとつが収納部。扉がないのだ。専有面積を表示する際、室内に扉のある収納部がある場合はその部分の面積を引いて表記することになる。

30uで押入れが1間(1.65u)あったとすると、専有面積は28.35u。ところが、扉がない場合には30uと表記できる。広さは同じなのに、広く表示されるわけで、それがお得であることは言うまでもない。

●強気の値付けとAD2カ月

賃料は相場からすると1万円ほど高め。また、AD(広告費)は2カ月とかなり大盤振る舞いである。だが、これも戦略だ。ADが多いため、営業マンがどんどん客を連れてきてくれるし、気にかけてくれる。そもそもが特徴のある物件であり、一度見に来れば印象に残る。それが物件告知になるのだ。高めでも借り手のつく可能性も高い。

他にも面白い戦略がある。物件名だ。パンカフォッサというのだが、これはイタリア語のベンチ、土間を繋げた造語。よくある、英語、フランス語、イタリア語そのものを使った物件名だと、同名物件が多数あり、レストランや美容室の名まえとダブることも多い。だが、造語にしてしまえば、他に競合がない。

そのため、検索するとこの物件のみが表示される。選ばれやすくなると言っても良い。今後、物件名を考える時には、同名、類似などがない、個性的な名称にするのも手である。

チラシ
物件チラシには使い方がイメージできるようにイラストが添えられている。今後はモデルを入れた写真なども使っていく予定

また、物件紹介にイラスト、モデルを入れた写真が用意されているのも、ベンチや土間の使い方をリアルにイメージさせ、印象を強くするための戦略。確かにこうした写真を見るケースがないだけに、確実に記憶に残るわけだ。

トイレ
細かいところではトイレ、洗面所の床などに個性的な床材が貼られており、ちょっとした驚きがある

設備等も水準以上に用意されている。防犯面ではオートロック、防犯カメラ、玄関はダブルロックなどとなっており、オール電化で2口のIH。

バスは1216と単身者向きとしては大きめサイズで、浴室乾燥機能、追い焚き機能もある。インターネット無料接続、宅配ボックス設置などなど、挙げて行くときりがないほど。これなら強気の値付けもありかもしれない。

健美家編集部(協力:中川寛子)

健美家サイト会員登録で最新コラムやニュースをチェック!

健美家不動産投資ニュース

最新の不動産投資ニュース

ページの
トップへ