• 完全無料の健美家の売却査定で、できるだけ速く・高く売却

×

  • 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集

新連載〜不動産投資家のためのDIY&リノべ講座Vol.1少しの予算と工夫でできる簡単改修レシピ

賃貸経営/DIY ニュース

2022/07/03 配信

最少の手数で最大の効果を狙う!
築古物件の強みを活かす差別化戦略

築古物件の魅力を引き出す改修理論を紹介する。
築古物件の魅力を引き出す改修理論を紹介する。

築古物件選びは欠点を探すネガティブチェックになりがちであり、改修も古いところを直す方向で考えがちだ。

もちろん、致命的な欠陥は避けるべきである。しかしながら、新築のように改修すれば客付けできるほど単純な市況ではないし、築古ならではの魅力を損ねるのは、とてももったいないことだ。

そこで、築古賃貸物件の改修アイディアを軸に、空室対策や不動産活用を実現するためのプラットフォームサービス「モクチンレシピ」を展開しているNPO法人CHAr代表の連勇太朗さんに、築古物件ならではの風合いを活かし、差別化した物件をつくるためのヒントを聞いた。

「子育てでは欠点ばかり探していると、才能が伸び悩むと言われています。反対に良いところを見つけて伸ばすと、才能を発揮しますよね。これは築古物件も同じです。

物件の欠点を直すという発想ではなく、すでに備えている魅力を引き出す工夫をすれば差別化につながります」と連(むらじ)さんは話す。

??連勇太朗(むらじ・ゆうたろう)建築家、起業家。NPO法人CHAr(旧モクチン企画)代表理事、明治大学専任講師(建築計画研究室主宰)、株式会社@カマタ取締役。
??連勇太朗(むらじ・ゆうたろう)建築家、起業家。NPO法人CHAr(旧モクチン企画)代表理事、明治大学専任講師(建築計画研究室主宰)、株式会社@カマタ取締役。

見た目を綺麗に改修した物件や、設備が新しい物件は山ほどあるから、そこでの差別化は難しい。その物件ならではの特徴を活かした改修を行うことで、少ない手数で最大の成果を狙うというのが、「モクチンレシピ」のコンセプトでもある。

物件を肯定的に分析するから
差別化ポイントが見えてくる

「僕は『どんな物件にも絶対に良いところがある理論』を提唱しています。物件を肯定するところから入るからこそ、優れたところが見えてくる。この感覚は不動産投資家のみなさんにとっても重要なものだと思います」

他の人が見落としている価値を見出すことができれば、不動産投資としてのうまみも出てくるというもの。そういう視点で見れば掘り出しものにも出会える。

しかも、SDGsの観点が重視される今、デザイン性のある築古物件は支持されやすい。新しいものが好きな人には受け入れられないかもしれないが、万人受けする必要はないのだ。

「例えば、ワンルームはどこから切っても同じ金太郎飴的な物件に見えがちですが、本当は価値あるものに変わるポテンシャルを秘めているんです」

窓と庭を生かす改修
窓と庭を生かした改修事例。大きな窓を活かし、内装を極力シンプルに仕上げて庭など周辺環境を引き立たせている。
簡易デッキをつくる
庭スペースを活かすため、簡易的なデッキがつくられている。

穴あきボードを活用
ミニマルな暮らしが好きな人に向けて、壁に一面に穴あきボードをつけて入居者が工夫してディスプレイや収納を工夫できるようにしている。

入居者の暮らしをイメージしながらポイントを一つ作るだけで、ストーリー性のあるワンルームに変身するのだ。

「どこを改修するか」ではなく
「どこを残すか」から考える

「室内のエレメントを軸に発想することもあります。例えば、和室の六畳間にアンティークのような味のある建具があったとしたら、それを軸に考えてみる。残すべき軸が決まってはじめて改修するべきところが見えてくるんです」

改修の方向性と優先順位も決まっているから、改修費用を抑えつつ、効果的に使うことができる。そのため、改修費用の減額調整が必要になったときも「もっと安くならないですか」という単純な価格交渉ではなく、戦略的な減額調整が可能となる。

もちろん、古いところを全て改修するよりも、トータルコストも安い。しかも、新築にはない風合いを出すことができるのだ。

「築古物件のトイレやお風呂にはタイルが使われていることが多いです。壁も床も新しくするとお金がかかりますが、側面だけ残すことによって新築にはない特徴をつくることができます」

シャワーヘッドや蛇口などをシルバーに統一し、鏡を大きくしただけで印象は変わる
タイルはそのまま。シャワーヘッドや蛇口などをシルバーに統一し、鏡を大きくしただけで印象は変わる。

「風呂も同じで、タイルのままでも鏡やシャンプーヘッドを変えるだけで随分と印象が変わります。既存のものを活かすことが差別化ポイントになるのです。

ちなみに、築古物件にありがちな『押し入れ』を一般的なクローゼットに変えてしまう人が多いですが、もったいないです。『押し入れ』には収納以外にも活用パターンがあるんですよ」

物件の「面影」を残しているから
元の持ち主から感謝されやすい

差別化ポイントを仲介や管理会社に伝えれば、単なる築古物件ではなく、レトロな魅力が詰まった物件として案内してもらえる。そういう意味で、ただ改修するだけではなく、物件ならではの魅力をしっかり伝えることも重要になる。

「ちなみに、僕たちの改修アイディアは元の持ち主さんに喜ばれることが多いです。ここ最近、ご両親から築古物件を相続し、持て余す方も増えてきました。

愛着のある実家が全く違うものになるより、どこか面影が残っていたほうが良いですよね。元の家を尊重したことによって、改修後に感謝されることも多々あります」

さて、今回の改修理論の話はここまでである。これから1年間に渡り、モクチンレシピのコンセプトに基づき「築古物件のリノベ理論」を展開していく。次回はモクチンレシピの「押し入れ最強理論」を紹介する。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

健美家編集部(協力:外山武史(とやまたけし))

■ 主な経歴

SUKETTO合同会社代表
2009年からフリーランスで広告制作・編集執筆を行い、2020年に法人化しSUKETTO合同会社設立。
1年間にインタビューする人数は100名以上。経営者や不動産投資家をはじめ、会社員や美容師、農業関係者など多種多様な人の声を聞くことをライフワークとしている。
不動産関連では足立区や川口市をテリトリーとして、常に情報を集めている。
保有資格:宅地建物取引士。

※ 記事の内容は執筆時点での情報を基にしています。投資等のご判断は各個人の責任でお願いします。

アクセスランキング

  • 今日
  • 週間
  • 月間

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

最新の不動産投資ニュース

ページの
トップへ