• 完全無料の健美家の売却査定で、できるだけ速く・高く売却

×

  • 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集

築28年のビルに投資、用途変更でホテルに。東京・清澄白河に開業

賃貸経営/民泊・旅館業 ニュース

2017/03/12 配信

訪日外国人の急増を受け宿泊施設の確保が急務となっている中で、宿泊業界でもリノベーションによって対応する。ホテルの新規開発に比べてコスト的に割安で竣工までの工期が短いことで期待が集まっている。

リノベーションのリビタ(東京都渋谷区)がプロデュースする「LYURO 東京清澄―THE SHARE HOTELS―(リュウロ 東京清澄ザ・シェア・ホテルズ)」は、民泊新法の全国解禁を見据えて築28年のオフィスビルを転用し、隅田川沿いの水辺に3月30日に開業する。

a…?a…≪ a…?a…?a‡,a??c??

江東区清澄白河、下町風情とアートギャラリーやショップ、こだわりのコーヒースタンドやワイン醸造所など新旧の文化が混ざるエリアに誕生する。半蔵門線の水天宮前駅と大江戸線の清澄白河駅の双方から歩いて10分。規模は鉄骨造6階建て延べ1589u。1988年11月竣工のビルを102人収容のホテルに用途変更した。客室タイプはドミトリー30ベッドと、定員2〜4人の個室タイプ4種類・23室をそろえた。リバービューの個室(18室)には川が臨めるバスルームを設置した。ドミトリーは、部屋ごとに貸し切りも可能なことで、一人旅からグループまで対応でき、女性専用も用意する

...

この記事は会員限定です。
会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

健美家会員のメリット

  1. 会員限定物件や非公開物件情報が見れる
  2. 最新のコラムニュース情報がメールで受け取れる

アクセスランキング

  • 今日
  • 週間
  • 月間

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

最新の不動産投資ニュース

ページの
トップへ