• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

12,255アクセス

築古団地リノベ不動産投資。多彩なアイデアで丸ごとリフォーム、高収益に生まれ変わる

賃貸経営/リノベ・修繕 ニュース

2018/08/15 配信

高度経済成長を支えてきた団地を現代風にアレンジ

高度経済成長において、労働者の住まいを支えてきた団地。都市部の郊外を中心に点在していて、一度ならずとも目にしたことはあるだろう。近年は老朽化に伴う入居率の低下が目立ち、過去の遺物と捉える向きもある。

団地

一方で、こういった資産を有効活用すべく、団地再生に乗り出す動きもここ数年は活発で、その最前線を行くのが、UR都市機構だ。

同機構の場合、民間と協力して全国各地にある保有物件のリノベーションに着手し、個性的な団地として再生し、好評を博している。

例えば、京都市伏見区鶴月橋に立地する「鶴月橋リノベーションプロジェクト」では、1962年から管理を始めた団地を再生。

「引き戸で部屋をわけたりつなげたりできる」「主室の中心にキッチンを据え、家事とコミュニケーションがしやすい」といったコンセプトを掲げ、間取りに応じた改修を行っている。

無印良品とコラボした団地リノベーションプロジェクトの「MUJI×UR」も有名だ。2018年8月初旬時点で関東や東海、関西、九州エリアで計40棟を協働で手掛けていて、内装のリノベーションは特徴的。

白を基調とした各住戸はとてもスタイリッシ

...

この記事は会員限定です。
会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

健美家会員のメリット

  1. 会員限定物件や非公開物件情報が見れる
  2. 最新のコラムニュース情報がメールで受け取れる

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

最新の不動産投資ニュース

ページの
トップへ